ねこのピートだいすきなよっつのボタン

制作 : ジェームス ディーン  長谷川 義史 文字画  大友 剛 
  • ひさかたチャイルド
3.94
  • (7)
  • (5)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 83
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865490152

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シリーズ。リズムがよいのでちいさいころからたのしめる。へっていくボタンがたのしい。
    C8797

  • これを読んだ2歳児さんは、物の数え方を歌と一緒に覚えることが出来ていた。
    歌のリズムが難しいけれど、子ども達に大人気の一冊。

  • 初めて参加した図書館のおはなし会で読んでいただいた思い出深い一冊。6ヶ月だった息子は覚えているかなぁ。
    2歳なりたての今もまだ内容的に早そうだけど、『ピートのおやすみ絵本』を先に読んでいたおかげか、すんなり入り込んで聞いていた。
    ボタンが取れた全開のシャツを普通に着続けるピートは強者wボタンのオチとピートのポジティブシンキングにニヤッとしてしまう。「きょうも かなりさいこう!」気持ちだけでも日々そうありたい。

  • 2017.02 1-1、1-2

  • 物語の中に繰り返し出てくる歌が楽しい。

  • 二歳児クラスで大人気!
    ねこのピート 数字&ラップバージョン。

    びよよよよよ~ん!!
    ボタンがとんでいくと 大笑い。
    お気に入りのボタンがどんどんとれて最後に残ったのは・・・

    大友さんが読み聞かせのときに曲にあわせてする
    アイラブユーの手話をする子もいれば
    ボタンの数と同じ数の指をたてて歌う子。
    「ないてな~い」の返答はげんきいっぱい。

    やりとりを楽しみ 盛り上がる1冊。
    どこまでも前向きなピート。
    続編が早く出ないかなぁ。

  • 2015.07 市立図書館

    2017.4  市立図書館 娘2才6ヶ月

    今回借りた中でのお気に入り。
    ピートを気にいったようで、歌ったりしてる。

  • かなり最高って、最高とは違うのね。


    文章が歌になってる絵本なのです。
    http://http://ねこのピート.jp/
    で、読み聞かせてる様子が見られるのですが、なんだかとってもアメリカンな感じです。
    ああいうノリでいけるといいのかもしれないけど…もともと、英語で書かれた文章を日本語の歌にしてるので、なんかしっくりこないのですよね。
    そして一番最後の、「かたちあるものは…」云々は、いきなり何を言い出すのかみたいな違和感。

    なんだかチグハグな感じを受けてしまいました。

  • 猫のピートは4つのボタンが素敵なシャツを着ている。
    4つのボタン、かなり最高♪と歌うけれど、1つずつボタンが飛んでいってしまう。
    水色、青、緑、赤…とどんどんボタンが飛んでいくけれど、ピートは悲しがったりせず、3つのボタンかなり最高♪、2つのボタンかなり最高♪、1つのボタンかなり最高♪、と歌う。
    ボタンがなくなっても、かなり最高♪
    ピートはものには執着しないた性質だったのだった。

    お気に入りのボタンがゼロになっても全く悲しまないピート。
    悔やまないで今を楽しむという姿勢はいいけれど、物にこだわらないというのはいきすぎのような。

全11件中 1 - 10件を表示

プロフィール

楽器を弾いての作曲や、音楽プロヂュース、ストーリーテリングなどマルチで活躍。邦訳された作品に『ねこのピート だいすきなしろいくつ』『ねこのピート だいすきなよっつのボタン』(ひさかたチャイルド)等がある。

エリック・リトウィンの作品

ツイートする