ありふれた職業で世界最強 1 (オーバーラップ文庫)

著者 :
制作 : たかやKi 
  • オーバーラップ
3.70
  • (7)
  • (12)
  • (3)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 81
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (405ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865540550

作品紹介・あらすじ

――そして、少年は“最強”を超える

“いじめられっ子”の南雲ハジメは、クラスメイトと共に異世界へ召喚されてしまう。
つぎつぎに戦闘向きのチート能力を発現するクラスメイトとは裏腹に、錬成師という地味な能力のハジメ。
異世界でも最弱の彼は、あるクラスメイトの悪意によって迷宮の奈落に突き落とされてしまい――!?
脱出方法が見つからない絶望の淵のなか、錬成師のまま最強へ至る道を見つけたハジメは、吸血鬼のユエと運命の出会いを果たす――。
「俺がユエを、ユエが俺を守る。それで最強だ。全部薙ぎ倒して世界を越えよう」
奈落の少年と最奥の吸血鬼による“最強”異世界ファンタジー、開幕!

★WEB上で絶大な人気を誇る異世界ファンタジー小説がついに書籍化!
 書き下ろし番外編「勝率0パーセントの戦い」も収録!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前半と後半…いや、前半と中盤と後半それぞれのギャップがすごい。
    中盤の心の闇を埋め、強さだけを際立たせるために、後半が必要だったのだろうな。

  • コミックス版1巻が面白かったので続きが気になり購入しました。

    内容は「クラスごと異世界転移した先で、転移した際に貰ったチートスキルで無双する」という、なろう系小説によくある典型中の典型といった感じ。最近の中高生はこういうド直球に厨二心をくすぐってくる話が好きなのでしょうが……残念ながら私には合わなかったですね。

    とにもかくにも、三人称視点なのに地の文が軽すぎていけません。地の文で「死ぬ」を「ピチュる」と書いてあったシーンでは腰が砕けそうになりました。シリアスでやりたいのかコメディでやりたいのか、作者の向かおうとする方向性が私には分かりませんでした。

    コミックス版ではそういう「イタい描写」がそぎ落とされていたのに加え、圧倒的な画力と構成で楽しませてくれました。物語の流れ自体は同じなのに、こうも印象に違いが現れるとは驚きでしたね。

    正直、原作をこのまま読み続けるのは辛いので、コミックス版だけ追っていくことにします。

  • リリィまで

  • 主人公のステータスが既におかしい。これから先は無双していくだけなんだろうか。

  • 異世界に召喚された担任教師とクラスメイト。オタク気質の主人公南雲ハジメはいじめられているわけではないが、多くのクラスメイトに好かれていない。ただ学級委員の白崎香織だけが好意的。召喚したハジメたちはそれぞれ天職をもつがハジメのは異世界でありふれた錬成師。しかも裏切られ迷宮の底へ。生きるためにのたうち魔物の肉を食べたハジメは人格がかわり特殊な能力を手に入れる。途中、出会った吸血鬼のユエとともに最下層で解放者の遺志に触れる。世界の秘密を知るハジメだが。

  • 序盤では、あ、これは失敗したかな…と思いましたが、中二大爆発して正ヒロインと出会う辺りからはなかなか。
    ただクラスメイト諸君はあまりにもペラペラしていて、なんだかなあ…。まあでも主人公もいじめられっ子という割にペラペラしていて、もっと落ち込めよ!劣等感に苛まれてうじうじドロドロしてみせろよ!と言いたくなったけども、途中から潔いまでの中二っぷりですしユエちゃんかわいいから、まあいいか。

  • 結局はチートものなんだけど、序盤の展開があまり見ないタイプ。

    ここでも出るけど、ステータス表記ってのはどうなんだろうねぇ。確かに分かりやすいけど、それでいいのかなぁ?と。
    少し前にあった架空戦記とかのとんでも兵器スペック表記みたいでな。(今でもあるのかなぁ?)

    話は好きなタイプなので続きも(見たけど)出たら買うだろうなと。

全7件中 1 - 7件を表示

ありふれた職業で世界最強 1 (オーバーラップ文庫)のその他の作品

白米良の作品

ツイートする