グループでもできるビブリオトーク―「わくわく」「どきどき」する本の紹介方法

著者 :
  • あいり出版
3.00
  • (0)
  • (3)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 26
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (129ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865550146

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 学校で行うならビブリオバトルより向いてるとあるけど…本当かしら。
    この本を読む限りではあんまりそう思えないのだけど…。

    やってる本人の楽しさの部分があまり伝わってきません。
    読んだだけではルールがあいまいな部分があるからかもしれませんが…。

    台本は作らない、と言いつつも、なんだかしっかり事前に詰めた上で発表しているように感じます。そう、そして発表なのです、これ。
    楽しさを伝えることメインのビブリオバトルに対して、その本を客観的にしっかり紹介することメインのビブリオトーク。
    私がこれを読んだ限りでは、子供たちが楽しいと思うのはビブリオバトルの方のような気がします。
    そしてやっぱり、読書は楽しむことがメインじゃないと続かない気がするのです。

    著者は先生の立場から図書館に携わる立場に変わられたとあります。
    先生が考える読書、本の紹介は、こういう形の方が理想的なのかもなあ…と思いました。

  • 資料ID:98150474
    請求記号:019.9||S
    配置場所:工枚普通図書

全2件中 1 - 2件を表示

笹倉剛の作品

グループでもできるビブリオトーク―「わくわく」「どきどき」する本の紹介方法に関連するまとめ

ツイートする