弁護士に学ぶ!契約書作成のゴールデンルール―転ばぬ先の知恵と文例

著者 :
  • 民事法研究会
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (211ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865560886

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とてもわかりやすく契約書について教えてくれます。
    民法の条文とともに、理解しやすい。
    中古本で安かったら買います。

  • 未成年者と契約するには、親権者双方の署名が必要

    2当事者間の契約でも一方しか義務をおわないばあいはえ、ぎむしゃえの署名押印のみでよい。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

アンビシャス総合法律事務所 パートナー弁護士 
札幌出身。慶應義塾大学院在学中に司法試験に合格し、2002年から国内の大手渉外事務所であるTMI総合法律事務所に勤務。同事務所で企業法務、M&A、事業再生、会社法関連訴訟、国際取引、知的財産関連業務に従事した後、2007年に故郷である札幌にて安藤誠悟弁護士とともにアンビシャス総合法律事務所を設立し、企業法務を中心としたリーガルサポートを行っている。著書に『弁護士に学ぶ!交渉のゴールデンルール』『弁護士に学ぶ!債権回収のゴールデンルール』『弁護士に学ぶ!クレーム対応のゴールデンルール』(いずれも民事法研究会)ほか。

「2014年 『はじめの1冊! ロックで学ぶリーガルマインド』 で使われていた紹介文から引用しています。」

奥山倫行の作品

弁護士に学ぶ!契約書作成のゴールデンルール―転ばぬ先の知恵と文例を本棚に登録しているひと

ツイートする