困難な結婚

著者 :
  • アルテスパブリッシング
3.71
  • (27)
  • (62)
  • (49)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 592
レビュー : 71
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865591392

作品紹介・あらすじ

今より幸せになるために結婚してはいけません──
悩めるあなたへ贈る、「真に役立つ」結婚論。

「結婚前の人は、したくなる。結婚している人は、気楽になる。
そのためにこの本を書きました」──内田樹

どうしたら良い相手が見つかりますか?
お金がなくても結婚できますか?
本当にこの人と結婚して大丈夫でしょうか?
そもそもなんのために結婚するんですか?
結婚式はやったほうがいいですか?
家事はどう分担したらいいですか?
もしも相手に浮気されたら?
──すべてウチダがお答えしましょう!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ブクログさんから献本でいただきました。
    本をもらうという夢が叶って大変うれしいです。
    ありがとうございます!

    著者が結婚や夫婦の問題について、質問形式に回答してゆきます。
    インタビューが元になっているので、読みやすいです。

    日本人はシャイで、結婚した人に結婚の良いところを聞いても
    なかなか答えてくれないので、既婚の男性のとても貴重な意見を聞けたと思います。

    結婚がリスクヘッジという考え方は、
    私も前から持っていたので、共感できるところが多くて
    読んでいて楽しかったです。

    しかーし、
    分かっていても実際に納得して実現するのは
    私のような若輩者には、
    ちょっと難しいなぁと思うところもあり・・・
    これからいい意味でも悪い意味でも人生経験をつんだら
    著者のように考えられるようになれるのかなぁと、
    いい意味でも悪い意味でも期待しております。

    著者の作品は初めて読ませていただいたのですが、
    結婚なんてセーフティーネットなんだし、
    やってみなきゃわからないんだから、
    やってみたらいいんじゃなーい?
    という明るいノリが回答の随所に見えて
    帯にあったように
    結婚というものに対してちょっと気楽になった気がしました。

  • 結婚のハードルがどんどん上がっていっている世の中で、あんまり難しく考えなくていいよ、という考え方をもたらしてくれる本。
    既婚者が読んでも楽しめるけど、プロの独身みたいな方々こそ読めばいいと思います。

    前半で結婚の意義を多角的に説いていて、後半は円満な結婚生活マニュアルになっていますが、Q&Aになっているのでどんな順番で読んでもきっと大丈夫。 (もちろんわたしは「片づけられない人と片づけられる人」のページから読んだ)
    結婚だけじゃなくて雇用制度や政治、哲学(そしてお約束のように村上春樹)(この人ほんと村上春樹大好きだな)にも話が広がるのがおもしろいけど、この本で基本原則になっているのが、結婚は恋愛の延長ではなくて「一種の社会契約」、そして「安全保障」だということ。
    けど今は男性であれ女性であれ、就労は義務で結婚は贅沢、みたいな風潮があるので、 その考え方を変えていかないといけないんだけど、述べられてる通り、社会から変えていかないといけない(けど難しいな)って思いました。
    困難、だな。

  • ブクログの献本応募して、頂いた本です。

    自分自身が結婚3年目で、新婚の頃とは違い、客観的に、お互いの良い所も悪い所も目に付くようになりました。
    帯の「結婚前の人は、したくなる。結婚している人は、気楽になる。そのためにこの本を書きました」との事で、読んで改めて、「結婚とは何か」みたいな事を考え直しました。
    まあ、もともと、生まれも育ちも環境も違った2人が一緒に暮していくわけですから、自分の思うようにいくわけがないので、そこをどうやって折り合いをつけていけるかって事が大事なんだな、と改めて思いました。

    自分が感覚的に、抽象的に感じていた事を、言葉にして表現してもらった事で、「ああなるほどな」と思ったり、「やっぱりここは間違ってなかった」と確信したり自信を持ったり。
    個人的に、一番ためになったのは、お小遣い制・家事分担・病気になったときの事についてです。

    実は、私も、お小遣い制にした方が良いのか?と何度も思った事がありました。
    お金を持っていたら、持ってる分全部使おうとするし、2人の為の貯金などをしてる様子もなかったので、お小遣い制にした方が「貯金も出来て、無駄も減るのでは」と考えていました。
    ただ、同時に、それをすると、夫の出世や社交性を阻みそうだな・・とも思いました。
    内田先生の言う通り、「男には付き合いがある。」それは、一緒に暮していて、ひしひしと感じていることだし、母の言った事も思い出しました。「お父さんは、付き合いなどで、たくさんお金を使ったけど、それをしたから出世した」みたいな事を言っていました。ならば、お小遣い制なんて、そんなみみっちい事するのは止めよう、内田先生の言う通り、生活費としていくらか回して貰って、残りは、自分の好きに使わせれば良い・・その方が、お互い楽なのでは、と思い始めました。

    今回、「この本を読んで気楽になる」というよりは、「気楽になるための考え方・自分の家庭の正解を探す」といった感じでした。この本を読んで、内田先生に同意する人もいれば、異議を唱える人もいるでしょう。価値観が違うのですから、人によって感じることが違うのは当たり前です。むしろそれによって、自分の家庭ではどうしたら良いのかを改めて考えるヒントになるのではないでしょうか。

  • 一時期ほど熱心に読むことはなくなっていたけれど、それでも読めば必ずなるほどねと思うことが多かった内田先生の本だが、今回ばかりはちょっと…。確かにそうだなと思うところもあるにしろ、全体として隔靴掻痒感というか、問題はそういうことじゃあないのでは?というもどかしい感じがずっとあって、納得できなかった。

    結婚に対して前向きになれない人に対する「結婚のすすめ」といった内容で、Q&A形式になっているが、これほとんど男性の質問でしょ。まあ、そういうものだと思って読めばいいのだろうけど、これ読んで「悩んでいたけどやっぱり結婚しようかな」と思う女性ってあんまりいないように思う。結婚は「幸せになるためにするのではなく、不幸にならないようにするもの」で、つまりセーフティネットだということなんだけど、それなら別に結婚でなくてもいいわけで。

    当たり前すぎて言うのも気が引けるが、若い女性が結婚について不安に思うこととして、家事の負担が大きくなるだろうということと、夫の親族とつきあわねばならないことの二つが大きいと思う。これって本当に切実で、自分の周囲を見渡しても、まったく問題じゃないわという人はほとんどいないし、離婚の原因は結局の所このどっちか(または両方)と言ってもいいくらいだ。この本ではこの二つとも至極あっさり流されていて、え?それだけですか?とガックリくる。

    結婚がらみで最近「うーん」と考えてしまったことが二つ。一つは、二十代後半のわが娘について、八十歳になる実家の母が、「結婚なんかして人の世話に追われることないわ」と言ったこと。母は田舎の保守的なばあちゃんなんだが、「あ、でも子どもはあった方がいいかもね。できたら若いうちに生んだら」とも言っていた。世の流れはここまで来たかと感慨深かった。

    もう一つは、その娘が言っていたことで、高校時代からの友人たちと最近「一体いつ子どもを産むのがいいのか」という話になったときの結論。彼女らは皆理系の専門職に就いていて、近々結婚する子もいれば、そういう気配もない子(ウチの娘ですが)もいる。ああだこうだと考えて結局、「わりにヒマな大学一回生の時に産むしかない」となったそうな。「もう手遅れだけどさ」と笑ったらしいが、いやあ、これって笑えないよねえ。そんなことを思わせる社会のありようはやっぱりおかしいよ。

  • 本屋タイトル(‪@Title_books ‬)さんのツイッターでオススメされていた本。

    タイトルとは裏腹に内田さんいわく、読み終わったあと、結婚したくなるような本にしたかったんだとか。

    耳を塞ぎたくなるような(本だから目を閉じたくなるような?)ことも盛りだくさん書かれていて、正直心から自信を持ってパートナーにオススメできる人はどれくらいいるのだろうか…と思った。
    それでも読んでとても良かったと思える本。

    最初から最後まで主張が一貫していて、エッセイなのに小説のようにラストがよかった。

    あぁなるほどと思ったのは、夫婦といえど配偶者はあくまで他人、理解の範囲を到底超えた遠い距離にいる存在ということ。
    あと、二人の関係がうまくいっていないのではなく、自分の中でうまくいっていないことのチリツモの最後の一撃が相手への不満だったりすることが多いこと。

    結婚エトセトラだけでなく日本経済や哲学なんかのことも書かれていて読み応えあり。
    書き留めきれないのでこれは買います。

    長めですが引用を。
    『結婚してるのに他の人を好きになっちゃったのですけど、どうしましょうというような寝ぼけた質問をしてくる人に僕が申し上げたいのは、そういう薄っぺらなことを平気で口にできるような人は、もともと結婚生活向きじゃないということです。
    別に結婚しなくてもいいじゃないですか。誰を好きになっても、誰とセックスしても、誰からも文句を言われない気楽な生き方をすればいいじゃないですか。なんで、「その上」結婚までしたいんですか?僕にはそれがわからない。
    結婚というのは最初に申し上げましたように「病めるとき、貧しきとき」に一気に路上生活者に転落しないためのセーフティネットです。安全保障です。相手が病めるとき、貧しきときに支援するという「社会契約」を取り結んだことによって、相手もあなたが病めるとき、貧しきときにお支えしますということになっている。』

  • 内田先生らしい「こういうふうに考えたらラクですよー」という斬新な目線が満載でした。
    その斬新な語り口すべてに貫かれているのが、これまた内田先生らしい「利他の精神」。

    主人にイラッとしても、利他の精神で認めてあげないと。というか、結婚生活を持続してる私を認めてあげよう。そうするほうが、私自身の尊厳や平和が確保されるみたいなので。

    「誰からも頼みにされない人生って楽しいですか?」
    「機嫌のいい夫婦を先取りする(演じる)といい」
    というのが特に腑に落ちた言葉で、
    「ルックスと才能をとにかく褒めよ」
    が実践しなきゃと思わされました。

  • 2016.12.20
    いつもの内田本と違った雰囲気で、実際的というか実体験からの話が多い。
    公での宣言は有効とか、落ちた時にこそ結婚の意味があるとかよくわかる。
    このところ夫婦間が上手く行かない感じがあって、色々ヒントを頂きました。

  • 結婚はどん底に落ちてしまったときのためにするものだなんて誰も教えてくれなかったけど、納得した。主張するところの主な部分はなるほどと思えたけど、細かいところで賛同できないところも多かった。結婚は成熟した人のみができるものという認識だったけれど、結婚は不完全な人を成長させるものだったのだと知った。結婚式を挙げた方がいいと熱心に説いていたけど、その点には賛同しかねる。内田さんが二度結婚して娘さんがいるということを初めて知った。結婚についての見方がぐるりと変わってしまう一冊だった。

  • 予想していたよりも軽く、肩の力を抜いた内容だったように思う。
    また文章の途中に入る( )を、若者が使うセルフ突っ込みのように感じてしまって、ちょっと苦手だった。

    後半よりも前半に書かれていることの方がためになった。
    幸せな時ではなく、病んでいる時に相手がどういう態度をとるか。たしかに海外旅行に行くのは良い方法かも。怖いけど。

    それから外部評価の話。
    本当に自分は、自分が思っていたよりも自身を過大評価しすぎてしまっているのだろう。
    「この程度だと思われている」ことに対し、理不尽に感じてしまうのだろう。「この程度」であることを認めるしかない。

    結婚したくなったかというと難しいけれど、相手を見つけるための指針というか方向性は見つかったように思う。

  • 「結婚前の人は、したくなる。結婚している人は、気楽になる」
    ホントにホントにそのとおり。具体的なアドバイスのひとつひとつは、ごく当たり前のこともあれば、ひとりひとりがそれなりに工夫したり葛藤しなければたどり着かない境地でもある。
    結婚に困難はつきものだ。だけど、たったひとりで困難な「人生」に立ち向かうのはもっと困難だ。そもそも人はひとりでは生きられない。(それも“芸のうち”とウチダ先生は常々仰っており)
    結婚について不安なことのあれこれに「幸せになるための魔法」をかけて「それでは一歩踏み出してみようか」と背中をおしてくれるような一冊。
    さりげなく、夫が見つけるような場所に放置しておこう。

全71件中 1 - 10件を表示

プロフィール

武道家。1950年、東京生まれ。著書に、『ためらいの倫理学』(角川文庫)、『日本辺境論』(新潮新書)、『困難な結婚』(アステルパブリッシング)、『街場の天皇論』(東洋経済新報社)など。

困難な結婚のその他の作品

困難な結婚 Kindle版 困難な結婚 内田樹

内田樹の作品

困難な結婚を本棚に登録しているひと

ツイートする