柴田南雄 音楽会の手帖

著者 : 柴田南雄
制作 : 小沼純一[解説] 
  • アルテスパブリッシング (2016年12月20日発売)
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :2
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865591552

作品紹介

1970年代のクラシック・シーンが蘇る!
あなたはどのコンサートを一緒に聴きましたか?

生誕100年、没後20年記念出版!

カラヤン、ベーム、バーンスタインが次々に来日し、前衛音楽が実験的精神を迸らせていた日本クラシック界全盛期の音風景を活写する!
戦後日本音楽界最大の知性が1972〜82年の約10年間、朝日新聞紙上で展開した演奏会評を初めて集成。

作曲家の「耳」には何が響いていたのか──

◇早稲田大学教授・小沼純一氏による解説付き

●本書掲載の演奏会批評より──
「聴き巧者が育たないこと、そこにも日本のオーケストラ運動の大きな問題点がある。」
──1972/9/12 東京交響楽団

「そのポーズは独特で、それは従来この種の古楽器演奏の周辺に立ちこめていた一種の事大主義を吹き払うに充分である。」
──1973/2/21 ブリュッヘン

「演奏者たちによって音になった瞬間にはじめて音楽そのものが生まれる、という印象が強いのだ。いわば作曲と演奏は一如であった。」
──1974/11/17 武満徹フェスティバル

「こうした真の完成品に接すると、日ごろわれわれが暮らしている音楽の世界を超えた、ヨーロッパ文化そのものと相対している、という実感を味わう。」
──1975/3/16 ベーム指揮ウィーン・フィル

「まるで他の指揮者たちはすべて間違っている、といわぬばかりのボリュームとテンポである。」
──1980/4/17 チェリビダッケ指揮ロンドン交響楽団

「東京の聴衆は東京のいくつもあるオケから常日ごろ、こんなに熱いサービスを受けているだろうか。」
──1981/7/28 大阪フィルハーモニー交響楽団

柴田南雄の作品

柴田南雄 音楽会の手帖を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする