SEKAI NO OWARIの世界―カリスマバンドの神話空間を探る―

著者 :
  • サンガ
3.67
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865640212

作品紹介・あらすじ

SEKAI NO OWARIは、なぜ、僕らの心をつかんで離さないのか?4人組のカリスマ・バンド「SEKAI NO OWARI」(セカオワ)。混沌とした21世紀において、彼らの織り成す世界観は、なぜ人々の心に突き刺さるのか?本書ではセカオワの世界-特に歌詞やライブ演出といった作品世界-について、セカオワを愛する著者が文化論的に分析し、その魅力を探る!「終末」「カリスマ」「死」「テロス」「公案」「アルケミー」「超越」-作品世界を読み解き、見えてきたセカオワの神話空間とは?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 作者中村圭志のハリポタ論を以前読み、とてもおもしろいなと思いましたが、SEKAI NO OWARIは数曲しか知らないバンド。少し前は常にTVで見かける人気者でしたが、最近めっきり露出が減ったなと、ファンならずとも気になっているところです。

    この本は、その人気最高潮の時にリリースされた本。著者は宗教学者なのですが、ハリポタといいセカオワといい、かなり許容エリアが広いんですね。

    知っている持ち歌数曲のレベルでどこまで理解できるか不安ながら、彼らを知る手掛かりになるかもとも思い、読んでみました。

    10代・20代に支持されている彼ら。世代的に合致しない著者は、音のフィーリングとは違う論点からアプローチしていきます。

    おもしろいなとおもったのが「たま」との類似性。
    まさかと思いましたが、著者は大まじめ。
    「一見カオティックで強いオタク性を帯びているが実は明確で親しみやすいメロディー」というところが共通していると指摘されると、たしかに頷けます。

    また「エヴァンゲリオン」との類似性も挙げていました。
    これは何となくわかるものの、「エヴァの世界観はグノーシス主義に近い」という考え方が新鮮。よくわかりませんが観念的ということでしょうか。
    「世界は陰謀的なものによって閉じられており、個人が世界にコミットするのは悪に手を染めるということ」とみなす点が近いとのことです。

    メジャーデビューして3か月目にしていきなり武道館ライブを行ったという彼ら。伝説を作り、今は落ち着いた感がありますが、物事を知る際には、王道の正面からだけではなく、さまざまな側面からの見方や取り入れ方があるものだと、改めて感じました。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1958年生まれ。北海道小樽市出身。宗教学者、翻訳家。北海道大学文学部卒業。東京大学大学院人文科学研究科博士課程満期退学(宗教学・宗教史学)。著書に、『信じない人のためのイエスと福音書ガイド』『信じない人のための<宗教>講義』(みすず書房)、『聖書、コーラン、仏典』『教養としての宗教入門』(中公新書)、『知ったかぶりのキリスト教入門』『教養としての仏教入門』(幻冬舎新書)、『面白くて眠れなくなる宗教学』(PHP研究所)、『人はなぜ「神」を拝むのか?』(角川新書)など多数。

「2018年 『人は「死後の世界」をどう考えてきたか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

SEKAI NO OWARIの世界―カリスマバンドの神話空間を探る―のその他の作品

中村圭志の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

SEKAI NO OWARIの世界―カリスマバンドの神話空間を探る―を本棚に登録しているひと

ツイートする