今このとき、すばらしいこのとき Present Moment Wonderful Moment

  • サンガ
4.33
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865640830

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 一日を微笑みで始める。朝日に向かってほほ笑む。

    呼吸をたどる。息を吸いながら体を静める。はきながらほほ笑む。
    息を吸いながら、息を吸っていることに気づく。吐きながらはいていることに気づく。

    呼吸の部屋=意識的に呼吸に気づく部屋。

    座る瞑想が苦痛になっていれば、たってもよい。

    歩きながら、歩いていることを意識する瞑想。

    食後に感謝し、幸福感を感じる。
    マインドフルな食事=3回深呼吸をし、食べることに集中する。食べ終わったら、感謝と幸福感を感じる。

    15分ごとに、3回呼吸をしほほ笑む。呼吸に意識を集中する。

    ガーターをあちこちに張り付ける。台所、洗面所、玄関、など。
    ガーターをポケットの中に入れて思い出す。

  • 日常の「いつもの動作」の前に丁寧にマインドセットする「ガーター」を紹介している。

    例えば「誰かに怒る場面」では、怒りを「炎」と認識して「火事」に例えている。この時の最初の行動は「消火」である。犯人探しは後回し。怒りの原因に意識を向けるより、自分の中の怒りを鎮めることから着手するということ。

    外国語を習得する時に”この言い回しは何て言うのかな?”と逐一調べる丁寧さの積み重ねの先に「バイリンガルの世界」が広がるのと似ているかもしれない。

    ガーターを逐一確認する丁寧さの先にマインドフルな習慣、穏やかな感謝に溢れた世界が広がるのかもしれない。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1926年、ベトナム生まれの禅僧、平和運動家。ダライ・ラマ14世と並び称される世界的な仏教者で、マインドフルネスの提唱と普及に努め、地球温暖化に警鐘を鳴らす。ノーベル平和賞の候補にもなり、著書多数。

「2021年 『怒り 心の炎を静める知恵』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ティク・ナット・ハンの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×