奇跡をひらくマインドフルネスの旅 (ありのままの自分に帰り豊かに生きるための20のレッスン)

著者 :
  • サンガ
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (310ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865641509

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 日本のマインドフルネス界の中心となっている島田啓介氏が、幾多もの挫折を重ねて世界を旅し、さまざまな体験を経た中で「気づき」に導かれ、マインドフルネスにたどり着いた半生を語る本。
    悩みもがき苦しみながら現在に至るまで、まさに修行の道を歩まれています。
    敬虔なクリスチャンである島田氏が仏の教えと出会い、自分の中で融合させていく過程が丁寧に語られると共に、要所要所で「20のマインドフルネスレッスン」が紹介されます。

    マインドフルネスとは「世界の中で人間としてどう存在するのかという相対的なあり方」だとする氏。
    「習慣」「仲間(サンガ)」「意図(菩提心)」が、マインドフルネスを支える三つの柱だそうです。

    マインドフルネスの「評価せずにただ観る」ということは、実際には非常に難しい行為ですが、「子供のような<初めての驚き>をもって世界と出会うこと」と説明してもらうと、ぐっと身近なものに感じ、手に届きやすい気づきのように思えます。
    このように、困難に思える気づきの実践を、20の視点から解き表してくれているため、マインドフルネスにアプローチしやすくなっています。

    中でも島田氏と「クサマさん」との鮮烈な出会いが印象的。
    氏同様に私も、クサマさんの生き方から自分なりのやり方で、自身や社会に向き合っていくことの大切さを学びました。

    今すでに持っている豊かさを知ること。
    すべてをありのままに受け止めること。
    自己肯定と他己肯定。
    マインドフルネスのレッスンとして、こうした意識を持ち続けていこうと思います。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1958年生まれ。翻訳家。精神科ソーシャルワーカー(PSW)・カウンセラー。ワークショップハウス「ゆとり家」主宰。農業をベースにした自給的生活と、からだとこころの癒しの提供に取り組む。マインドフルネスの講座・講演を、大学、企業、医療・福祉分野、一般向けに広く実施している。ティク・ナット・ハンのメソッドによる瞑想会も開催。1995年のティク・ナット・ハン来日時のオーガナイズに関わる。
翻訳書に『ブッダの〈呼吸〉の瞑想』『リトリート ブッダの瞑想の実践』『大地に触れる瞑想』(野草社)『ブッダの〈気づき〉の瞑想』(共訳・野草社)、『怖れ』『パートナーシップのマインドフルネス』(サンガ)『ブッダの幸せの瞑想』(共訳・サンガ)ほか。

「2019年 『ティク・ナット・ハン詩集 私を本当の名前で呼んでください』 で使われていた紹介文から引用しています。」

島田啓介の作品

奇跡をひらくマインドフルネスの旅 (ありのままの自分に帰り豊かに生きるための20のレッスン)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×