哲学する仏教 (内山興正老師の思索をめぐって)

  • サンガ
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865641615

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 私を見ている私。意識の二重構造。
    人としての宿命と生き方は
    この哲学から解き明かされる
    のだろうか?

  • 禅僧・内山興正老師による『進みと安らい』(1969年刊行)。
    老師本人が「掘り下げが足りない」と絶版させた本が、昨年復刊されて反響を呼んでいます。
    その初刊から50年を経た今、三人の弟子と一人の哲学者が、老師の説いた「自己曼画」から自己の構造を捉え直し、「本当の自分とは何か?」という問いについてそれぞれの見地を語っているのがこの本。
    朝日カルチャーセンター新宿教室にて開催された、永井均氏、山下良道氏、藤田一照氏、ネルケ無方氏によるリレー講座の内容がまとめられたものとなっています。

    内山老師は、「思い手放し」することで「自己」=「生命の実物」=「御いのち」=「不二いのち」に覚め覚める、と言います。
    「思いを手放し生命の実物に覚め覚める」とは「生きていくのにアテを作らず、目の前の今やるべきことをやる」ということ。
    坐禅の話だけではなく、生活の構えも同じだとする、非常にシンプルな構えです。

    師の考えは「マインドフルネス」の潮流以前のものですが、そこに古さはありません。
    「自己曼画」の第五図のイラストは「この世界に所属する私」と、「所属してない私」の二重構造を視覚化したもので、現在のマインドフルネスの主体「この世に所属していない私」とクロスします。
    マインドフルネスと禅思想の親和性を感じる内容となっています。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

禅僧。1954年愛媛県生まれ。東京大学大学院教育学研究科博士課程を中退し、曹洞宗僧侶となる。87年渡米、禅の指導・普及に従事、2005年帰国。曹洞宗国際センター前所長。オンライン禅コミュニティ磨塼寺主宰。

「2020年 『〈仏教3.0〉を哲学する バージョンⅡ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤田一照の作品

ツイートする