幻滅 〔外国人社会学者が見た戦後日本70年〕

  • 藤原書店
2.57
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :50
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865780000

作品紹介・あらすじ

右傾化を憂う「知日家」社会学者が見た日本。
戦後まもなく来日し、「知日家」社会学者として邦訳された著書も多い著者が、戦後七十年を経た今の日本をどう見るか。依然としてどこよりも暮らしやすい国、しかし中国、韓国ほかの近隣諸国と軋轢を増す現在の政治、政策には違和感しか感じない国、日本。一外国人だからこそ言える、これからの日本人への痛烈なメッセージ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本の今を憂い。
    どうなるかを見守ってきた著者の長年の視点。

  • 「え?そこに幻滅したの?」ぐらい、なにかサプライズポイントがあるかと思いきや、意外と感じてるポイントは大衆と同じ。しかしこの著者は大事なことを分かっていない。ナショナリズムとポピュリズムは紙一重であるということを。アメリカ型だとか、傾倒しているとか、いくら言われようとも、国民のために、国家存続のために、必要とあらば批判を承知で政策を断行する。それが政治家のあるべき姿。どんなに優秀な官僚であろうとも、腐敗すれば性根を叩き直す。当たり前の処置。著者は日本的目線で見ることは出来ても、日本人的目線で見ることはできなかったようだ。EU離脱を国民投票に委ねた英国の在り方を逆の立場で見れば、この意味がよく理解できるはず。

  • 多くの人々が今日感じている日本の社会・政治にに対する懸念を、著者が長年日本研究の知見・経験を活かして改めて明解に指摘してくれた。

  •  夥しい暴行殺人強奪レイプ事件に緘口令を敷き子どもたちにガムを配布する存在として占領軍に好感を持つ日本人は少なくなかった。自由国民を援助するという米国古来の政策のもと解放軍のイメージを転換した占領軍は、反共政権を支持し軍事力増強を迫った。軽武装経済成長専念で抵抗する池田内閣から鈴木内閣の路線を大きく転換したのは中曽根内閣時代であった。

    『戦前、戦中、戦後に、かなり優秀な、そして公共精神に満ちた官僚がいて、ほどほどの企業間競争を保障しながら、同時に経済全体の成長・海外競争力に貢献できるなら、企業間協力をも奨励するような「規制制度」を加えることができたからであると。彼らの「見える手」は、(略)、比較的優位な産業にしか専念できなくなる「市場原理まかせ」よりも、はるかにましであったと。』144頁

  • 題名が「幻滅」とあるだけに、随所に皮肉が込められていました。”序にかえて”にあるように著者が日本に幻滅した要因は、政治経済についての常識の変化、共生・妥協・和を是とする社会から利益追求の競争社会への移行、平和主義から自国存在感の主張、それと文学の世界としています。私が興味をもったのは、1960年から富裕層の息子や官庁、大企業の新人たちがアメリカへMBAや経済学・政治学の修士・博士号を取得し、彼らが80年代に課長・局長レベルになり、日本社会のアメリカ化に貢献したということでした。正しく日米同盟の深化です。

全6件中 1 - 6件を表示

ロナルド・ドーアの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
クリス・アンダー...
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

幻滅 〔外国人社会学者が見た戦後日本70年〕はこんな本です

ツイートする