戦争は終わっても終わらない 大石芳野写真集

著者 :
  • 藤原書店
4.00
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865780352

作品紹介・あらすじ

日本の戦争の傷痕を超えて――戦後70年記念
ベトナム、カンボジア、コソボ、アフガニスタン、ラオス、広島、沖縄、福島など、国内外で戦争・災害に直面した人びとの姿を正面から撮影してきたフォトジャーナリスト、大石芳野。40年に渡るその活動の中で、日本の戦争が残した傷痕と、苦しみながらも不屈に生きる人びとに焦点を当てた作品約200点を集成した決定版。
-----

 はしがき――不屈の人びと
長 崎
広 島
言問橋――東京大空襲
国境の外で
ピンファン――七三一部隊
ハルビン――中国残留婦人
ソウル――従軍慰安婦
パプアニューギニア――南方戦線の痕跡
沖 縄
 あとがき

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 大人だけではなく、子供にも読んでほしい本です。
    モノクロの写真が、平和イコール恒久のものであるべきと語っています。

  • 戦争は常に我が側にいる。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

●大石芳野(おおいし・よしの) 東京都出身。写真家。日本大学芸術学部写真学科を卒業後、ドキュメンタリー写真に携わり今日に至る。戦争や内乱、急速な社会の変容によって傷つけられ苦悩しながらも逞しく生きる人びとの姿をカメラとペンで追っている。2001年土門拳賞(『ベトナム 凜と』)、2007年エイボン女性大賞、同年紫綬褒章ほか。

「2015年 『戦争は終っても終わらない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大石芳野の作品

戦争は終わっても終わらない 大石芳野写真集を本棚に登録しているひと

ツイートする
×