知の不確実性 〔「史的社会科学」への誘い〕

制作 : 山下 範久  山下 範久  滝口 良 
  • 藤原書店
2.80
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865780468

作品紹介・あらすじ

ウォーラーステイン「社会科学」論への最良の入門書
「人文学」と「科学」への知の分割が限界を迎えている今、社会科学という知こそが果たしうる役割とは何か。近代世界システムにおける知の刷新の方向性を示した大著『脱=社会科学』『新しい学』などの著作群の最先端に位置づき、それらを読み解く手がかりとしても最良の一冊。ブローデルを継承して「時間」を導入した「史的社会科学」への再統合を呼びかける、ウォーラーステイン「社会科学」論の決定版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ウォーラーステイン、山下範久監訳『知の不確実性』読了。

    帯にあるように、本書は社会科学論。
    文系学部廃止や社会科学という「学問」に対して疑問のある人は面白く読めると思う。
    他方、「学問」全体を俯瞰できない(興味がない)人には、また世界システム論のような内容かと思っている人には、内容がひとつも頭に残らない著作。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

1930年生。ビンガムトン大学フェルナン・ブローデル経済・史的システム・文明研究センター所長。イェール大学シニア・リサーチ・スカラー。1994-98年,国際社会学会会長。1993-95年には社会科学改革グルベンキアン委員会を主宰,そこで交わされた討論リポートを『社会科学をひらく』(邦訳1996年,藤原書店)としてまとめた。世界システムの理論構築の草分けとして知られ,『近代世界システム』全4巻の著作は著名。著書に『ポスト・アメリカ』(1991)『脱=社会科学』(1991)『アフター・リベラリズム』(1995)『転移する時代』(共編著,1996)『ユートピスティクス』(1998)『新しい学』(2001)『時代の転換点に立つ』(2002)『世界を読み解く2002-3』(2003)『イラクの未来』『脱商品化の時代』(2004)『入門・世界システム分析』(2006,以上邦訳は藤原書店刊)『ヨーロッパ的普遍主義』(2008, 明石書店)他。

イマニュエル・ウォーラーステインの作品

ツイートする