台湾と日本のはざまを生きて 〔世界人、羅福全の回想〕

著者 : 羅福全 陳柔縉
制作 : 陳柔縉  渡辺 利夫  小金丸 貴志 
  • 藤原書店 (2016年2月25日発売)
2.75
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :17
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865780611

作品紹介・あらすじ

その激動の半生から見える、台湾精神史!
日本統治下の台湾に生れ、日本留学ののち、米ペンシルべニア大学で博士号を取得。学生時代に台湾独立運動に参加したため、三十数年故郷への帰国を許されなかった。国連機関職員として五大陸四〇数カ国を訪問、フィリピン、インドネシア、パキスタン、タイ、イランの地域開発や経済協力に携わり、一流の経済学者とアジア太平洋経済会議を成功させ、2000-04年には民進党の陳水扁総統のもと駐日代表を務める。日本をはじめ各国の要人との人脈を築き上げ、世界を舞台に活躍しながら台湾の自由と民主を求め続けた羅福全氏の激動の半生を、台湾におけるオーラルヒストリーの第一人者陳柔縉が、鮮やかな筆で綴る。
[序]渡辺利夫

台湾と日本のはざまを生きて 〔世界人、羅福全の回想〕の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 台湾出身者として国連に大きく関われたというのが、すごい。
    めまぐるしく随所で大きな貢献をされたことを知った。
    が、心をこめたご馳走を辞退した話を書いておいてご自分を「美食」と言われるのには、首をひねった。

  • 日経新聞 2016年5月22日 この一冊

全2件中 1 - 2件を表示

陳柔縉の作品

台湾と日本のはざまを生きて 〔世界人、羅福全の回想〕はこんな本です

ツイートする