男性支配 (Bourdieu library)

  • 藤原書店
3.67
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865781083

作品紹介・あらすじ

ブルデュー唯一の「ジェンダー」論、遂に邦訳刊行!
アルジェリア・カビリア伝統社会と、ヴァージニア・ウルフ『灯台へ』。一見唐突に見える二つの事例の精緻な分析を通して、男性を女性の優位におく社会秩序(男性支配)が、「なぜ“自然”なものとされてしまうのか」、その客観化に取り組み、象徴暴力としての「男性支配」のありようを暴き出した問題作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • (後で書きます。カビリア社会の分析とウルフ『灯台へ』の読解を個別事例とし、男女のジェンダー規範が社会の枢要に組み込まれ、再生産されることを簡潔に理論化している。ただ、ディシプリン上やむを得ないこととは言え、個々人の側のジェンダー規範への反応には全く重点が置かれず、かつ実質的に「男性優位的男女分割統治」という状況を対象としているのに、フェミニズムや同性愛運動に関する言及の一方でトランスジェンダーを黙殺しているのは、欠陥ではないか)

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

(1930―2002)社会学者。アルジェ大学、社会科学高等研究院を経てコレージュ・ド・フランス教授。著書に『ディスタンクシオン』(藤原書店)など。

「2015年 『人民とはなにか?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ピエール・ブルデューの作品

ツイートする