大石芳野写真集 長崎の痕(きずあと)

著者 :
制作 : 朝長 万左男  ブルース・アレン 
  • 藤原書店
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865782196

作品紹介・あらすじ

8月9日11時2分、何が起こったのか――最新の撮り下ろし220枚!
広島・沖縄・ベトナム・ラオスなど国内外の戦禍の傷を抱えた人びとを捉えてきた写真家が、戦後74年の今、長崎の失われた命に目を凝らし、被爆者たちの記憶と想いを受け止める。
3/23~都写美で写真展「戦禍の記憶」開催

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 東2法経図・6F開架:369.3A/O33n//K

  • 展示も拝見しましたが、ゆっくり目にしたいと思ったので、写真集を読む。
    亡くなった祖母から被爆の話を聞くことができなかった悔いから、被爆体験を綴った本を様々読んでいますが、この写真集は秀逸です。
    70年以上の恐怖と不安を抱えて生きている方々を尊厳を持って撮影及びインタビューをした写真集です。

    登場する方々の瞳に受容の眼差しが感じられます。
    きっと大石さんは、当時する方々と密に丁寧にコミュニケーションを取られたのだろうと察します。

    瞳は心を如実に表すことを教えてくれます。

    長崎の坂道が恋しいです。

  • <訪問>写真集「長崎の痕」を出した 大石芳野さん:北海道新聞 どうしん電子版
    https://www.hokkaido-np.co.jp/article/306791?rct=s_books

    藤原書店のPR
    8月9日11時2分、何が起こったのか――最新の撮り下ろし220枚!

    広島・沖縄・ベトナム・ラオスなど国内外の戦禍の傷を抱えた人びとを捉えてきた写真家が、戦後74年の今、長崎の失われた命に目を凝らし、被爆者たちの記憶と想いを受け止める。
    [解説]朝長万左男
    [英訳]ブルース・アレン
    3/23~都写美で写真展「戦禍の記憶」開催
    http://www.fujiwara-shoten-store.jp/SHOP/9784865782196.html

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

●大石芳野(おおいし・よしの) 東京都出身。写真家。日本大学芸術学部写真学科を卒業後、ドキュメンタリー写真に携わり今日に至る。戦争や内乱、急速な社会の変容によって傷つけられ苦悩しながらも逞しく生きる人びとの姿をカメラとペンで追っている。2001年土門拳賞(『ベトナム 凜と』)、2007年エイボン女性大賞、同年紫綬褒章ほか。

「2015年 『戦争は終っても終わらない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大石芳野の作品

大石芳野写真集 長崎の痕(きずあと)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×