ソニー 破壊者の系譜 ―超優良企業が10年で潰れるとき

著者 :
  • さくら舎
2.80
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865810363

作品紹介・あらすじ

リストラ8万人!無能経営者がソニーを凋落させた!
戦後の焼け跡ベンチャーとして東京の下町に産声をあげ、木造二階建ての小さな社屋から瞬く間に年商10兆円に迫る国際的な大企業へと成長した世界の異端児、技術のソニー。しかし、ここ10余年で一気に業績が悪化、電機業界で「一人負け」の状態に陥った。いったい、ソニー内部で何があったのか。凋落の原因を作った大賀典雄氏、出井伸之氏、ハワード・ストリンガー氏、平井一夫氏ら“ソニーDNA(自由闊達にして愉快なる理想工場)の破壊者”ともいうべき歴代社長4人が犯した4つの過ちを、ソニー勤務40年の元幹部社員が糾弾。人材育成、技術活用、組織活用、企業経営の原理原則を基に、会社組織のあるべき姿を提示する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人材 技術 組織 経営

  • 筆者自身がソニーに40年間勤務し、世間の評価とは違う内から見た経営者の資質の指摘本。
    誕生から成長の時代の前田多門、成長から成熟の時代の井深大、盛田昭夫、成熟から衰退の時代の大賀典雄、出井伸之、衰退から崩壊の時代のハワードストリンガー、平井一夫。
    自分さえよければそれでいい。後のこと、他人のことも関係ない。ゲーム感覚で企業経営をしているのがソニー。人や企業の悪行は報酬で決まる。正義は金にならないが、不正は金になる。シャープも東芝も栄枯盛衰だが、ソニーは人災で地に落ちた。やるせない。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

桜美林大学特任教授。経済産業省と農林水産省の「国際標準化交渉人材育成講座」の主任講師。1970年から2010年までソニーに勤務する傍ら、ジュネーブの国際電気標準会議(IEC)の標準管理評議会(SMB)日本代表委員や電子実装技術専門委員会(TC91)国際幹事を務めた。著書に『世界市場を制覇する国際標準化戦略』(東京電機大学出版局、大川出版賞受賞)、『国際ビジネス勝利の方程式』(朝日新書)、『ソニー 失われた20年』、『ソニー 破壊者の系譜』(以上、さくら舎)。

「2017年 『実録・交渉の達人ーー国際標準化戦争秘録』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ソニー 破壊者の系譜 ―超優良企業が10年で潰れるときのその他の作品

ソニー 破壊者の系譜 Kindle版 ソニー 破壊者の系譜 原田節雄

原田節雄の作品

ツイートする