戦争責任は何処に誰にあるか ―昭和天皇・憲法・軍部

著者 :
  • さくら舎
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865810615

作品紹介・あらすじ

戦争責任論と憲法論は表裏!知の巨人が「天皇と憲法」に迫る!

「空気の研究」は山本七平を代表するもののひとつだが、本書ではその思想史を深め、さらに憲法をめぐる論議が盛んな現状に一石を投じる。そして、「空気」が重要な決定をしてきた日本に、なにより必要なのは「水を差す」行為と断言!日本人独自の法意識を解剖する中から見えてくるものを明かす!

初の単行本化!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「空気の研究」で有名な著者による一冊。

    彼の著作の寄せ集めらしく、タイトル通りの内容を期待するとがっかりする。
    そして、最終的にどこに戦争責任があるのかよくわからなかった。

全1件中 1 - 1件を表示

戦争責任は何処に誰にあるか ―昭和天皇・憲法・軍部のその他の作品

山本七平の作品

ツイートする