「つくる生活」がおもしろい ―小さなことから始める地域おこし、まちづくり

著者 :
  • さくら舎
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :22
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865810851

作品紹介・あらすじ

生き心地のいい小さな社会が生まれている!

前作『農的な生活がおもしろい』から、さらに進化。衰退期に入った日本社会で、どうすれば自分の生活基盤を立て直すことができるか、居場所をつくることができるかを、各地に出向きサポートし、その現場(長野県飯田市、千葉県柏市、北海道富良野市、愛知県豊田市など)をレポート。人びとが孤立しあい、「生きる力」の育成ができないような社会に未来はない。円(カネ)よりも縁(つながり)が、一人ひとりが社会のフルメンバーとして生きる実感を感じられ、一歩でも前へ進む駆動力を発動させる。これからの日本社会のあり方を提案する問題作!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前半は、批判めいた文章が続き、読んでいて辛かったのですが、後半の事例紹介は、いろいろと勇気づけられるものが多く、読んでいて楽しかったです。

    それだけに、前半部分は、不要だとは言いませんが、もう少しコンパクトでもいい気がしました。
    本当に伝えたい後半に達する前に離脱する人が多いと思われるからです。
     ※途中から読めば、問題はないのですが…。

    ちなみに、この本、少子高齢化が進む中で、仕事や人間関係や地域社会を、どのように捉えればよいか、また、どのように変えていけばよいかについて、「つくる」をキーワードに書かれた本です。
    「少子化を防ぐ」、とか、「高齢化に対応する」のが目的ではなく、一人一人が生き生きと暮らすための事例が、いろいろと紹介されています。

    共感できることも多いですし、自分自身、何となく取り組んでみたいと思っていたことがあるので、実践する上で、ヒントになりそうです。
    実際に動き始めるときには、また手に取ってみようと思っています。

全1件中 1 - 1件を表示

「つくる生活」がおもしろい ―小さなことから始める地域おこし、まちづくりのその他の作品

牧野篤の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする