呪われた明治維新 ―歴史認識「長州嫌い」の150年

著者 :
  • さくら舎
3.00
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 23
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865810974

作品紹介・あらすじ

会津の長州への恨みは150年では消えない!

来年(2018年)は明治維新150年目の節目の年。明治維新の契機となった戊辰戦争において、幕府・会津軍は薩長軍に敗れたが、薩長軍、特に長州軍が会津の地で婦女暴行・金品強奪など非道のかぎりを尽したことはあまり知られていない。そして、会津の長州に対する恨みは150年経つ今でも消えていない。

過去を水に流したい長州、過去を消さない会津。会津人の証言を基に、同地で何が行われたかを明らかにしていくとともに、日・中・韓問題にも重なる、「歴史認識」というものの難しさと本質に迫る一書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 筆者星亮一。仙台出身。その他著書に「伊達政宗」。明治維新時の戊辰戦争にさかのぼり、当時の薩摩長州軍との戦での悲劇から、会津人の長州(山口)嫌いは今でも続いていると。会津寄りに書かれている内容ではあるが、よく研究されており時代背景や明治維新、戊辰戦争の裏側などが描かれている。

  • 室町時代の足軽のような略奪暴行の薩長
    虚像が刷り込まれる明治維新

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1935年、仙台市生まれ。1959年、東北大学文学部国史学科卒業。福島民放記者、福島中央テレビ報道制作局長を経て現在に至る。東北史学会会員。著書 『奥羽越列藩同盟』(中公新書)、『敗者の維新史』(中公新書)、『幕末の会津藩』(中公新書)、『会津落城』(中公新書)、『大鳥圭介』(中公新書)、『最後の幕臣小栗上野介』(中公文庫)、『平太の戊辰戦争』(角川書店)など多数

「2018年 『斗南藩―「朝敵」会津藩士たちの苦難と再起』 で使われていた紹介文から引用しています。」

呪われた明治維新 ―歴史認識「長州嫌い」の150年のその他の作品

呪われた明治維新 Kindle版 呪われた明治維新 星亮一

星亮一の作品

ツイートする