100歳の生きじたく

著者 :
  • さくら舎
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865811193

作品紹介・あらすじ

ひとりでも孤独にならない生き方!

2018年1月21日で100歳。『人はいくつになっても生きようがある。』に続く、さくら舎・第5弾。いま望むのは、悔いの残らない生き方をすること。

100歳になろうとしても、ひとり暮らしを続ける著者が日々感じていること、からだのケア、気持ちのコントロール法、食生活などの生活術、夫のこと……などなどをみずみずしく語る。100歳を生きるということの凄さが気負いなく伝わってくる。100歳は通過点!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 母を想いながら。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

一九一八年、東京生まれ。文化学院卒業。生活評論家、エッセイスト。十五歳から仕事をはじめ、事務員、速記者などを経て、文芸評論家の古谷綱武氏と結婚。家庭生活の中からの見聞や、折々の暮らしの問題点、食文化などについて提案し、執筆や講演活動、ラジオ、テレビなどで活躍。姑、夫と死別したのち、六十五歳からの一人暮らしは三十年を超える。二〇一八年一月、一〇〇歳を迎えた。著書多数。

「2018年 『100歳の100の知恵』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉沢久子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
曽野 綾子
東野 圭吾
三浦 しをん
又吉 直樹
リンダ グラット...
群 ようこ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする