プロ投資家の「株を買いたくなる会社」の選び方 ―なぜトヨタは「買い」ではないのか

著者 :
  • さくら舎
3.50
  • (0)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865811322

作品紹介・あらすじ

誰も言わない新しい会社の選び方!

プロ投資家は、投資先の企業をどのように選んでいるのだろうか。投資ファンドで企業評価や投資業務に携わっていた著者は、億単位の資産を運用する個人投資家でもある。プロ投資家の会社選びは意外にシンプルで、「数字」「市場」「シナリオ」の3つで企業の将来を読むのである。本書ではⅠ部でこのシンプルな基本3ポイントを解説し、Ⅱ部では、具体的にこの3ポイントから有名企業10社を評価する。

人口減少の大転換期を迎える日本は投資チャンス拡大!株価2万円超の高値更新中のいま、ぜひ読んでおきたい企業を選別するプロ投資家のとっておきのスキル!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「数字(財務)」「市場(マーケット)」「ストーリー」の3つを重視して、会社を分析していくという内容の本。
    利益で重視したほうがいいのは、営業利益とのこと。まあ、言われてみりゃそりゃそうだろうけど、そのへんあまり気にしてなかったような気がする。自分もそこらへん今度から気にするようにしよう。
    にしても相変わらず、東芝はバカだなと思った。この本で初めて知ったけど、東芝はもともと原子力事業にはそれほど積極的ではなかったらしい。しかも、買収したWHの原子炉の型は、東芝がGEから技術提供を受けてきたものと全く異なるものだったのだとか。
    ところで今、楽天がかなり安くなってるから買おうか迷っているのだけど、この本を読んだら微妙な気がしてきた。もうちょっと安くなったら考えよう。

  • 株式投資での初心者から中級者に向いた本。
    分かりやすく良かった。
    内容は数字を踏まえストーリーを作ってから投資を判断をする、というもの。

    自分も各銘柄にはそれなりに検討をしていたが著者の調査は深かった。

    もっと勉強と思考を深め、少しでも著者に近づきたい思った。

    < 個人的メモ >
    財務、マーケット、シナリオの3つの項目すべて揃えて考える。愚直に。3パターン作る。
    理想は業界全体が伸びていて対象会社の業績が拡大しているとき。
    「基本方針の転換や新商品の投入」で投資判断。
    対象となる企業が属する市場を分析し、市場全体のおおまかな動きをつかむ。
    シナリオは現在のではなく将来の。
    ニュースはファクトと解釈を別に。
    会社が動くとき、投資を判断する。
    5年分の業績推移をチェック。売上と営業利益。
    フィンテックは従来型金融業に脅威。
    ときには投資をせず様子見も。

    OK:ボーイング、日産、HIS、三菱UFJフィナンシャルGr、銀行、ソフトバンク、セブン&アイHD、LINE、Amazon。
    NG:トヨタ、三菱重工(MRJから撤退ならOK)、楽天、コマツ、日立建機、東芝、ソニー、ヤマトHD(3PL)、JR東海。

全2件中 1 - 2件を表示

加谷珪一の作品

プロ投資家の「株を買いたくなる会社」の選び方 ―なぜトヨタは「買い」ではないのかを本棚に登録しているひと

ツイートする