パラダイムシフト (オメガバース プロジェクト コミックス)

著者 :
制作 : ぴい 
  • ふゅーじょんぷろだくと
3.56
  • (8)
  • (24)
  • (26)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 265
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・マンガ (162ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865890853

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最近よく聞くオメガバース。単語は知ってても、どういうものかはぼんやりとしか知らなかったので、解説付きなのがありがたい。しかし、理解はしたけどオメガバースの萌えはよくわからなかった…。αとかβとかΩとか抜きに普通に研究者同士の話ではだめなんだろうか (´・ω・`)?ていうか男女の違いは形だけって…それってBL?妊娠とかまでいっちゃうと、もう男同士の意味とは?ってなる。

  • オメガバースという世界観は苦手意識があり、眼鏡受けだけどと購入を迷っていましたが表紙の黒髪眼鏡さんの画に惹かれ結局購入いたしました。
    ところどころにオメガバースの細かな解説をわかりやすく付けてくださっている上に、話の内容もただオメガバースの階級や妊娠出産だけの話ではなく、初恋からの恋愛や、階級が(βだった眼鏡の日比谷さんが研究中の蜂に刺されてアナフィラシーショックになってしまったことによりΩ体質へと)変わってしまったことの苦悩やらが描かれており、暗いものでもドロドロしたものでもなくBLとは世界観が違うのではという危惧も払拭されていました。
    でもやっぱり出産なんですよね。。。
    まぁさなちゃん可愛いし賢いのでそれはO.Kということで!笑

    突然変異で体質変わってしまったというのなら余計に「ANIMAL X」に近いような気もしますね。あれもオメガバースに近い世界観と私は捉えています。

  • 無駄な伏線とか、ちょっと構成が雑かなあ。
    オメガを嫌悪するβがアナフィラキシーショックでΩに変異してしまう…という設定は悪くないのに、
    惹きつける魅力がなく残念な印象。

  • オメバの入門書。

  • まぁ、正直未だにオメガバースってよく分かんないんですけど、先生の絵がどんどん素敵になっててワクワクします。好きです。白衣黒髪メガネ、パーフェクトっ!!!

  • アンソロジーのオメガバースプロジェクトで途中まで読んで気になっていた作品だったので購入。個人的にすごく心惹かれてしまう要素が多くて大好きです。

  • いつかオメガバースに萌える日がくるのだろうか…。

    再読の追記。
    大分、オメガバにも慣れてきたところで読み返すと結構面白かったかも。β同士と思いきや…α×Ωに。受けがβだったころαΩを快く思っていなかったから、会社でのいじめ?はちょっと因果応報なところはあるよね(--;)最後に明かされる攻めの一途さには胸きゅんしました…

  • オメガバース苦手意識が完全に払拭されました(笑)
    オメガバースという設定も日々谷(受)と山本(攻)の過去の背景もとてもしっかりしているので読み応えあります。
    今までΩとαを嫌っていた日々谷がΩに変異してしまいながらも山本に支えられて自分を取り戻す。けれど山本の隠された秘密とは・・・。
    オメガバースを知らない人でもちゃんと説明が最初に書かれているのでわかりやすいです。

  • オメガバース初めてなんでちょっととまどいました。読み終わる頃にはこういう設定も面白いかなと。ぷっとんだ設定でも切なさは同じね。

全10件中 1 - 10件を表示

パラダイムシフト (オメガバース プロジェクト コミックス)のその他の作品

ぴいの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

パラダイムシフト (オメガバース プロジェクト コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする