男の品位

著者 :
  • 青志社
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865900194

作品紹介・あらすじ

遊び、仕事、処し方。本物の大人はどう心得るのか。齢、90歳。まだ途上。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 亡くなった安藤昇の最後の著書。過去の著作と似た内容なので過去何冊か読んだことのある人間にとっては新鮮さに欠ける点もあるが、それでも興味深く読めた。

    安藤組解散式の際に警察からにらまれるのを恐れて近づかない人が多い中、森繁久彌が電報をくれた話には感じ入った。

    安藤昇の他の著書だが、仕事のできる男は相手から信用されることが大前提となるが、そのための男の条件として3つ挙げている
    ①仲間を裏切らないこと
    ②歯から先に出た言葉には責任を持つこと
    ③受けた恩は必ず返す(やられたらやり返す)

    男の条件として賛成である。
    このうち②は大変難しいと思う。俺も高校生のころから葉隠を読み、言行一致に取り組んできたつもりだが、言う事は簡単だが実践するのは辛い。よって言う言葉を制限するようになり無口になる。そうなると組織の中間管理職としては、何を考えているのかわからないと言われがちなので、最近ちょっとジレンマに陥っている感あり。
    と言って言行一致が男の条件である点は絶対動かすことはできないと思う。

  • 僕には軸がないなと思いました。
    他人様から見れば、誠実で真面目(と書くのは気が引けますが)と見られているようですが、しかしそれだけではダメなのです。

    そして一度失った信用を取り戻すのは、新たに信用を築くより難しい。
    難しいことですが、やるしかないと思います。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1926年東京都生まれ。特攻隊から復員後、28歳で渋谷を本拠に安藤組を結成。1958年には横井英樹襲撃事件で服役、出所した1964年に安藤組を解散する。出所後は人気俳優として活躍。2015年12月16日、肺炎のため逝去。享年89。

男の品位のその他の作品

男の品位 Kindle版 男の品位 安藤昇

安藤昇の作品

ツイートする