能町みね子の純喫茶探訪 きまぐれミルクセ~キ (オレンジページムック)

著者 :
  • オレンジページ
3.00
  • (1)
  • (2)
  • (8)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 94
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (113ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865930474

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 喫茶店に行きたくなる本。

  • 能町さんらしい、楽しい本だと思う。★3.5かな。
    イラストと写真で、ミルクセーキのある純喫茶を探訪する。
    グレーテルのかまどでの紹介を見て、読んだ。

    なぜ、ミルクセーキかに納得。能町さん、コーヒーがだめらしい。コーヒーが飲めない人はそう、カフェに入りにくいと思うので、こういう飲み物の存在は確かにありがたいし、すごくミルクセーキが優しい存在に感じてきた。私は逆に卵が嫌いなので、ミルクセーキが飲めないことをすごく残念に思ってしまう本だった。

    これを読んだ後、ずっと気になっていた、近所のレンガ造りの純喫茶に母と行きました。この本を読んで行きたくなりました。純喫茶、禁煙だったらいいのにね。。。

  • つい最近、ゴローデラックスで取り上げられてて良いタイミング。
    カフェではない、喫茶店でゆっくりしてみたくなった。

著者プロフィール

北海道出身、茨城県育ち。文章やイラストの仕事のほうが多い漫画家。他称好角家。雑誌やネット媒体でコラムなどの連載多数。2006年、イラストエッセイ『オカマだけどOLやってます。』(竹書房)でデビュー。著書に『くすぶれ!モテない系』(文春文庫)、『ドリカム層とモテない系』(ブックマン社)、『逃北〜つかれた時は北へ逃げます』(文春文庫)、『「能町みね子のときめきデートスポット」略して能スポ』(講談社文庫)、『雑誌の人格 2冊目』(文化出版局)、『うっかり鉄道』(幻冬者文庫)など。『「能町みね子のときめきサッカーうどんサポーター」、略して能スポ』(講談社文庫)がサッカー本大賞2017の大賞を受賞。ラジオやテレビなどでも活躍している。

「2018年 『中野の森BAND』 で使われていた紹介文から引用しています。」

能町みね子の作品

ツイートする