IoTシステム開発スタートアップ プロトタイプで全レイヤをつなぐ

  • リックテレコム
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784865940947

作品紹介・あらすじ

本格的なIoTシステム開発の方法・手順を指南します


IoTシステムといっても、産業系、家電系、農業系、防災・防犯系・・・と千差万別。
本当に様々なソリューションがあります。本書では、その中でも監視系に特化した、
鳥害対策システムをプロトタイプと設定し、具体的なIoTシステムをデバイスのレイヤ、
ネットワークのレイヤ(フィールド層)、そしてデータ解析(プラットフォーム層)
とセキュリティ(オペレーション層)のレイヤまで一気通貫に作成します。

縦軸をつなぐものとして、デバイス周りはWindows 10 IoT Core、そしてクラウド
環境での機械学習では、Windows Azureと、ほぼ同じフレームワークを使っている
のも本書の特色です。

IoTデバイスとしてのRaspberry Piに特化したもの、データ分析に特化したものなど
など、IoTを取り巻く技術書は、これまで狭い範囲にフォーカスした書籍しかありませ
んでした。

本書は、まずは手を動かしてデバイス周りから、クラウド/セキュリティまで本格的にIoTを実現でき
る体験型の一冊です。

なお、読者特典として購入された方には電子版が漏れなく付いてきます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 技術的なパートは割愛して読んだけど、わかりやすくて良い。

    ---

    12
    BEMS
    電力の基本料金は、最大の電力使用が大きいほど高くなっていますが、BEMSを活用するメリットは、ビル全体の電力使用を把握し、そのピークが一定以下になるように電気設備を制御することで、電力使用のピーク値を下げ、電気料金を削減できる点にあります。

    32
    IoTシステムのアーキテクチャは、フィールド層、プラットフォーム層、オペレーション層の3層で構成されます。

    41 セキュリティ
    42 稼働監視、運用管理

  • 請求記号 547.48/Y 94

全2件中 1 - 2件を表示

松村義昭の作品

ツイートする