WORK MODELS 世界で働く日本人から学ぶ21世紀の仕事論

著者 :
  • いろは出版
3.20
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 53
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (373ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784866070025

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 海外で活躍中の厳選された13人にインタビューをしていく。
    日本を出たことない人が感じるような質問内容である。

    この本は、若い人に早く読んでもらいたい。
    各々の仕事をみていくと、有名であったり、公務員であったりと、優秀だからできて当たり前だよねって思う。
    しかし、きっかけや、海外に行くまでの能力を見ていると必ずしも不可能ではない。
    太田英基さんは、早い段階から海外という選択肢に気づかせようとされている。
    日本にいると安心というだけで、世界に目を向けないのはもったいないと思った。
    英語も学ぶより慣れろという感覚、他の言語にも選択肢はあるということに気づかせてくれるというだけでも、この本は若い人に早く読んでもらいたい。

  • 本書で紹介された人は凄い。

  • <目次>
    はじめに  なぜ僕たちは、「21世紀の仕事論」を世界で      働く日本人たちに学ぶべきなのか?
    第1章   21世紀の「キャリアの描き方」を知りたい君へ
    第2章   21世紀の「起業の仕方」を知りたい君へ
    第3章   21世紀の「もっと楽しめる働き方」を知りたい君へ
    第4章   21世紀の「夢の叶え方」を知りたい君へ
    終章    21世紀という時代を愉しむための5つのヒント

    <内容>
    本人も海外を放浪し(ただし、単なる放浪ではなく、金をもらってプロジェクトを立ち上げつつ、約50か国1000人以上にインタビューした)、その中から見えてきた、「海外に働き口を見つけたい人支援する」事業を立ち上げた人物。この本は、そういう人物にインタビューして、糸口を見つけてもらおうというもの。通して見ると、21世紀はグローバルどころか、世界は一つで、本に何度も出て来るが、「地方と東京」と同じように、「日本とアジア」とか「日本とアフリカ」のようになる、ということ。本校の卒業生も大学でどんどん短期留学をしているようだが、そんな目を鍛えて帰ってきてほしい。

全3件中 1 - 3件を表示

WORK MODELS 世界で働く日本人から学ぶ21世紀の仕事論のその他の作品

太田英基の作品

ツイートする