時局発言!

著者 :
  • WAVE出版
3.45
  • (0)
  • (5)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784866210445

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読書量の不足を実感。まだまだ勉強不足です。

  • 文句なしに楽しく拝見しました。

  • ナイス装丁!私も手に取りました!
    読んでみようと思う本がいくつもあって、今後楽しみ。本もリアルタイムで読まないとなあ…!

  • 5月25日読了。図書館。

  • 304

  • 請求記号:304/Uen
    資料ID:50086049
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

  • 新聞での読書欄での連載をまとめたもの。
    斎藤美奈子氏の手法に倣って、一回に三冊程度を取り上げるというやり方を取っているのだけれど、正直これが裏目に出ていると感じた。一冊あたりの掘り下げが浅く、そこから導かれる結論みたいなものも説得力に欠く。他の媒体で発表されたのか一冊だけを取り上げたものが時折混じっているのだけれど、圧倒的にそちらの方が読み応えがある。
    またこれを読み、やはり自分は転向しつつあるんだな、と感じた。(大した数ではないが)上野氏の著作は幾らか読んでいて、深い感銘を受けたものだが、今回は反発を感じる部分がいくらかあった。
    例えば(本人が自ら「情弱」だと言っているので仕方ないのかもしれないが)ネトウヨに関する洞察はあまりに浅く、その街宣デモに女性が参加していてびっくり、みたいな記述は、結局女性に対してある種の幻想を抱いていることの裏返しなのでは、と感じた。重箱の隅をつつくような指摘だが。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1948年富山県生まれ。社会学者。東京大学名誉教授。認定NPO法人ウィメンズアクショネットワーク(WAN)理事長。専門学校、短大、大学、大学院、社会人教育などの高等教育機関で、40年間、教育と研究に従事。著書に『近代家族の成立と終焉』、『家父長制と資本』(岩波書店)、『おひとりさまの老後』(文春文庫)、『女ぎらい』(紀伊國屋書店)、『ケアの社会学』(太田出版)、『サヨナラ、学校化社会』など多数。

「2018年 『情報生産者になる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

上野千鶴子の作品

ツイートする