怒らない習慣力

著者 :
  • WAVE出版
4.00
  • (3)
  • (6)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 106
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784866212166

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 自分の一番の課題であるトピック、怒らないこと・パニックにならないことを中心として書いてある。
    世の中、誰しも思い通りに進む毎日なんてあってないようなもの。
    自分のコントロールが及ぼないところ(他力の輪)にかき乱されるのではなく、他力が及んでいるところではしょうがないとあきらめる。
    自力の輪(自分でコントロールできる)にフォーカスをあてるだけ。
    悩みや不安があるならそれをかき出し、そこれにそれに対しての願望を書き、そのうえで自力(そのためにやらなければいけないこと)をかき出すと今自分に必要なことが見えてくる。自分を整理するうえで大切な作業だなと思った。
    今考えている悩みや心配事のほとんどが他力で自分でコントロールできるものではないこと。例えば、COVID-19の影響で株が下がる、不動産が買い手市場になる、ボーナスが下がる、仕事も見つかりにくい。どれ一つとして私のできる範囲は何もない。だから、そこでイライラしたり気持ちが沈むのではなく、しょうがない、なるようにしかならない。今はとにかく、家に籠って、これまでにできなかった範囲の家の掃除やプログラミングの勉強、読めてなかった読書にヨガでも始めようかと思い出してなんだかワクワクしてきた。なるようにしかならないんだから、いつまでも負の感情に左右すれずに、自分にご褒美をあげることや大切な人と過ごして感情をコントロールすることも大切。
    自分にもっと寛大になれば他人にも寛大になれて感情に左右されにくくなる。思い通りにいかないことを楽しみ、分からないことを怖がらないこと。今の世界の状況下で一人一人に大切なことだなと思った。

  • 後書き読んで、作者プロフィール見たら、読後に風水とか密教の人だった。だからなのか小難しくなくて読みやすい。Kindle Unlimitedにて。

  • 怒りについて知ることができた。

  • 自分の感情を受け入れるっていうのは具体的にどうすることなんだろう。「なるほど、そう思ったんだ。へー。」みたいな?

  • とても平易な表現で読みやすく、
    重要な点がすっと腹に落ちる内容だと思った。

    自分が関与できることとできないこととを切り分けよう、
    自分の感情から自分自身を客観的に見てみよう、
    「財・体・心・時・人」の余裕を持とう、
    など。

    目新しい視点があるわけではなく、ありふれた内容という印象。
    逆に言えば、小難しい心理学などの本を何冊も読まなくても、
    自分の感情マネジメントに関しては本書一冊で十分だと思った。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

密教風水カウンセラー、風水コンサルタント

「2020年 『感情を整える片づけ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

種市勝覺の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
メンタリストDa...
稲盛和夫
メンタリストDa...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×