ひどいどしゃぶり

著者 :
  • ながらみ書房
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784866291888

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 谷岡の姉御に参った。二日酔いもどしゃぶりもなんのその。短歌できなきゃ、死ぬ気で書け!「風の夜はアダムスキー型円盤に掠われ赤き星に行きたし」「怪人の噂もすでに遥けくて霧の波止場にコンビニ点る」「今日もまた夕陽の色のバスが来て乗らねばならぬ気持ちが兆す」「混沌の記憶の海の夕空に水満ちて浮く惑星ソラリス」「深夜また冷たい便器にひざまづき罪の報いのごとく吐きおり」「酒と薔薇の日々、だとしても泥水に喉まで浸かり雨を見ている」「悪運を罵りながら闇雲に夕日に石を投げる人あり」「収奪の地に朝日差しピアソラのバンドネオンがまた流れ来る」「昭和とは国鉄土讃線踏切の彼方の夕陽にじむオレンジ」「店頭にカボチャの王のごときありカボチャの王は我を憐れむ」「雨の夜の雨の釜山の雑踏でタクシーを降り銃撃ちに行く」「ルーレット赤の15にこの先の全ての運を積み上げており」「分別され死を待つ彼らの無表情に凍りて冬の映写室出ず」「黄昏の電脳都市と思うまで質屋のネオンの孔雀またたく」「スプートニクに幽閉されし宇宙犬ライカは帰還叶わず死せり」「冬天に大いなる振子垂れており神は人間を殺すか否か」「ワレワレハ宇宙人である当然を忘れて時々空を見上げる」「またここへ戻って来たという思い兆して朝の市場(バザール)を歩く」「黒南風(はえ)が吹きて西日が衰えて鳥が騒いでスコールが来る」「天智帝の墳墓にありし水時計思えり消灯後の薄闇に」

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1959年11月19日、高知県高知市生まれ。父は美術教師。高知学芸高等学校卒業後、19歳で上京。1980年、「心の花」に入会し、佐佐木幸綱に師事。同門の俵万智らと交友を持つ。早稲田大学第一文学部哲学科中退。1987年、『「ライトヴァース」の残した問題』で第5回現代短歌評論賞受賞。1990年、大辻隆弘、大野道夫、加藤孝男らと短歌評論誌「ノベンタ」を創刊。1994年、歌集『臨界』で第38回現代歌人協会賞受賞。2006年刊行の歌集『闇市』で第5回前川佐美雄賞、第12回寺山修司短歌賞受賞。

「2018年 『言葉の位相 詩歌と言葉の謎をめぐって』 で使われていた紹介文から引用しています。」

谷岡亜紀の作品

最近本棚に登録した人

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×