ヘミングウェイで学ぶ英文法

  • アスク
4.00
  • (9)
  • (11)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 490
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784866392806

作品紹介・あらすじ

柴田元幸氏(東京大学名誉教授・翻訳家)、阿部公彦氏(東京大学教授) 推薦! !

こんな英文法の学習書が欲しかった! ヘミングウェイの名文を通して、英文法の「心」に触れられる、理想の学習書です。

〈本書の特徴〉
●アーネスト・ヘミングウェイは「老人と海」だけではなく、実は短編小説の名手としても知られています。英語自体はそれほど難しくなく、極端に長い文もありません。「文法的なテクニックによって、内容の面白さが生み出されている」という特徴があるため、 ヘミングウェイの文章は、文法を学ぶのに最適なのです。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 説明が丁寧なのでとても読みやすい。日本語訳が先、というのがわかりやすい。英語で注意する場所に下線が引いてあり、それをどのように回答するかを求めている。すぐに説明がないのがいいかどうかわからない。文法や単語の簡単な復習にもなる、

  • ディケンズの『クリスマスキャロル』原文に歯が立たず、一旦英文学の読み方をお勉強。

    <良い点>
    一つの単語、語順、時制などから丁寧に文意を汲み取っていく読み方は勉強になった。阿部公彦氏の『小説的思考のススメ』で主張される読み方を英語に応用するとどうなるのか?という視点を多少齧れる。
    これは試験用に英語を勉強していては絶対に身につかない。

    最近、茂木健一郎氏のtoeicは要らないって動画で爆笑したが、本当その通りだと思う。試験用に勉強した英語はある程度役立つだろうが、やはり生の英語に触れてこそ得られる英語力を蔑ろにしがち。特に日本人は。

    丁寧に英語を読む教材としてヘミングウェイの作品は適しているんだなと認識。

    <悪い点>
    対象の英語レベルが不明瞭。初心者が手を出すには難しすぎるし、ある程度英語ができる人には文学的要素以外は基本的な解説も多い。
    それを表しているのが単語の注。本文の「この単語を知りたい」と思うものは説明されておらず、ものすごく基本的な単語が並んでいることが多い。

    多分この本は初心者〜上級者を幅広く対象にしてしまったが故のこのような構成になったのではないかと推測します…。


    まぁ、英文学かじったことない人にとっては総じて面白くて勉強になるので是非!

  • いわゆる一般的日本人中学生の英語力では、英語で書かれた小説を読むのはなかなか大変かもしれないけれど、本書はイケるかもしれないと思った。
    中学英語教科書なんて、言葉は悪いけれど中学生をバカにしきったほんとにクソみたいな内容だから、本書に一筋の光を感じた。本書に掲載されている短編に、1人でも感応する中学生がいれば、きっとそれだけでもうけものだ。
    ただ本書、誤字が多いのが気になるんだよな。。。

  • ヘミングウェイの短編小説に和訳と文法解説がついてる。文法解説は気になったところだけ拾い読み

  • 24頁ほどしか無いテキストを文法解析してくれるので、適当に洋書を雰囲気で読み流したくない人に向いている。読み飛ばしが必要な場合もあるけれど、そのわからなかった部分をそのままにすることに不快感を覚える傾向があり、その点が解消されるのでこの本は良かった。行方昭夫センセのモームの英文解釈シリーズもよかったが、ヘミングウェイもイイね。定価だと高いのでusedを購入したが、それでも少し高い。独学者の洋書読書としては仕方ないかな。

  • 本屋で見かけて、「おもしろそう!」と思って、ほとんど中身を見ずに衝動買い。
    だがしかし、読みにくいったらありゃしない。
    私はせっかちで、質問形式になっていると答えをすぐ見たい人なのに、答えを見るにはページをあっち行ったりこっち行ったりしなくちゃいけないこの本の作りにすっかりイライラしてしまい、真ん中くらいまで読んで嫌になって放置してた。

    このたび、引っ越し中にこの本が出てきて、読んだところもすでに記憶になかったので最初から読み直した。(この「引っ越しで出てきた」ってやつ、シリーズ化できそうだ・・・)

    読み直すにあたり、ページをあっちこっち行ったり来たりするのはやめることにした。とにかく質問ページはスルーし、まずヘミングウェイのオリジナル文を余計なことは考えずに普通に読む、そのあと文法解説を読む、というようにしたら、ストレスなく読めた。最初からそうすれば良かった。

    内容は、ちょっと期待しすぎていたかも。
    解説はすごく丁寧でいいんだけど、中学生~受験生くらいのレベルかなぁ。
    えー、今さらそこ?って内容ばかりで、ガッカリだった。

    そもそも、最初に「日本語訳」が置かれていたのが驚き。
    え? 日本語を先に読むの!? 英文精読のための本なのに?? って、私はかなりめんくらったけど・・・この構成から考えても、この本の著者は、日本語に訳して日本語で考えることにプライオリティを置いている日本の学校の授業のスタイルから抜け出してない人なのかな?
    最後のオススメ文法書についての短いコメントはおもしろかったんだけど。

    ちょうどこの本を読む前に、新国立劇場の公式サイトで、河合祥一郎氏による演劇講座の記録『シェイクスピアの台詞の音楽性』を読んで、あまりにもおもしろくて衝撃を受けたところだったので、そのくらいのレベルの驚きと発見を期待しちゃってた。
    弱強五歩格とかそういうやつ。
    それって文法じゃないか。はは。

    しかし、前から思ってたけど、ヘミングウェイの超短編って、似た感じの話が多い。ワンパターンはさすがに言い過ぎだけど、3パターンか4パターンくらいに分けられそう。そんで、申し訳ないけど、私にはあんまりおもしろくなーい。
    この人の長編とか中編はすごくおもしろいんだけどな。

    途中で放置している間に、人気があるのか売れたのか、この本の続編(ヘミングウェイで学ぶ英文法 2)が出ていて、さらにこの間、本屋に行ったら、オスカー・ワイルド版も出てた! 
    このシリーズの構成は嫌いだけど、オスカー・ワイルドはおもしろそうだなぁ。読んでみようかな。

  • ヘミングウェイの短編を使って文法のお勉強する本。強制使役じゃないmakeとか、willとbe going toの違いとかが設問になっていて、それを考えつつ、またストーリーについても深く考えさせてくれる。

    ヘミングウェイを英文で読む機会(学生の時以来ない)なんてなかなかないので、いい機会だった。解説も素晴らしい。万が一原文でこれらの短編を読んだとしても、軽く読み飛ばしてしまっていて、ちゃんと理解してなかったに違いない。

  • 19/12/13。

  • 文法や単語の工夫によって平易な文章でも、英語表現が豊かになることを実感したと同時に、自身の文法知識の浅薄を痛感した。巻末におすすめの英語参考書が載っていたので、それらを読んで英語学習に精進したいと思った。

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1976年東京都生まれ。2001年修士(英語文化研究)(獨協大学)、2003年Master of Applied Linguistics(The University of Newcastle, Australia)、2017年博士(英語学)(獨協大学)。現在、杏林大学外国語学部英語学科准教授。日本文体論学会代表理事(2018年から)。専門は言語学・英語文体論。特に、20世紀アメリカ文学を中心に、アーネスト・ヘミングウェイやF・スコット・フィッツジェラルドの文体について研究している。『ヘミングウェイ大事典』(2012年、勉誠出版)の項目執筆のほか,論文「ニックのイニシエーションは成功したのか-文体論とヘミングウェイ研究の接点を求めて」(『アーネスト・ヘミングウェイ 21世紀から読む作家の地平』日本ヘミングウェイ協会編、2012年、臨川書店)などがある。また、公共サインの文体(スタイル)の研究として、『街の公共サインを点検する』(共著、2017年、大修館書店)で、日本の公共サインの問題点を論じた。

「2018年 『言語学から文学作品を見るーヘミングウェイの文体に迫る―』 で使われていた紹介文から引用しています。」

倉林秀男の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
三浦 しをん
劉 慈欣
マルクスアウレー...
有効な右矢印 無効な右矢印

ヘミングウェイで学ぶ英文法を本棚に登録しているひと

ツイートする
×