ネコの選択 ~心理の神さまに愛を学んだレオとモモの物語~

著者 :
  • アチーブメント出版
3.80
  • (4)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 90
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (130ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784866430249

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ・生存、自由、楽しみの欲求よりも愛の欲求を満たすほうが難しい
     ●5つの基本的欲求
      -生存の欲求
      -愛・所属の欲求
      -力の欲求
      -自由の欲求
      -楽しみの欲求

    ・創造性を用いずに、他人と幸せに人生を過ごす方法はない
     →自分が相手にしてほしいこと、ではなく、"相手が自分に"してほしいリストを作ること

    ・人は自ら惨めな気分を選んでいるのだ
     ●7つのNagative Approach
      -批判する
      -責める
      -文句を言う
      -ガミガミ言う
      -脅す
      -罰する
      -褒美で釣る

    ・相互尊敬を通してのみ、人間関係を壊すことなく力をものにすることができる
     ●7つのPositive Approach
      -支援する
      -励ます
      -傾聴する
      -受け入れる
      -信頼する
      -尊敬する
      -違いを交渉する(歩み寄る)

    ・愛を定義するなら、希望と恐れを分かち合う、しかも喜んで分かち合う気持ちのことだ
     ●相手の欲求を満たすための最大の支援者に自分がなる

  • パートナーが何を望んで自分が何を求めているか、5つの基本的欲求をベースに考え方を提示しています。ちょっとしたことの積み重ねが良くも悪くもなる。パートナーだからと我慢できているのも、塵も積もれば山となり、我慢できなくなる。お互いの欲求の調整方法もシンプルで分かりやすい

  • うまくいかなくなった夫婦仲の改善に、突然部屋に現れたネズミが二人に語っていって、気づいていくというお話です。
    ネコ夫婦の関係性や、ネズミのアドバイス等がシンプルでわかりやすかったです。
    日頃、本をあまり読まないという人でも読める内容だと思います。

  • ブクログで応募して当選、いただきものです♡

    んー・・・まぁ、夫婦関係見直すきっかけになりました。
    ・・・とでも、書いておこうかな。(;´▽`A``

    もう少し深みのある内容だったら良かったです。

  • すぐに読み終えられるし、わかりやすい。

    夫婦、恋人、友達、同僚など…
    いろんな人間関係があるが、選択のスキルによって悪化してきた関係を元に、もしくは元以上のよい関係にする。

    簡単そうに見えて簡単ではない。
    それぞれの欲求があるから。努力が必要だから。

    一言で言えば、『相手に思いやりを持つ』
    よく言われるけど、なかなか関係が長くになるにつれて遠慮がなくなり、自分の欲求ばかり優先してしまう。

    この本は、夫婦関係を元に進めている。
    ラブラブな時代には自然と思いやっていることが多いと思うので必要ないかもしれないけど、何年も経つと自分の欲求を優先して思いやりは減っていく。

    この選択のスキルがうまくいくには、前提としては、まだ夫婦関係を続けたいということ。
    喧嘩ばかりしたり自分の描いていた夫婦と違ってきている。意見の相違でこじれている。だけど、別れたいわけではない。

    完全に冷え切って、夫婦関係を続けたくない、楽しかった思い出ももうどうでもいい、その他DVなどの要素があるなど、そういう状態の夫婦には通用しない。この場合は離婚がいいと思う。

    修復を望みたい人向け。

    ただ、喧嘩ばかりして激怒イライラしている時にこの本を読んでも「そんなもん、やってられるか!」と本を投げたくなるかもしれない。
    気持ちが落ち着いた時に読む。

    夫婦とどちらも『努力しよう!』という気持ちがないとできないこと。
    お互いが努力し続けること。
    片方だけでは成り立たない。

  • 読みやすく、わかりやすい。
    実行できるかは、やっぱり選択。

  • 選択理論が物語形式でわかりやすく、書かれている!

    人間関係を壊す7つの習慣
    ・批判する
    ・責める
    ・文句を言う
    ・ガミガミ言う
    ・脅す
    ・罰する
    ・ほうびで釣る

    人間関係を良好にする7つの習慣
    ・支援する
    ・励ます
    ・傾聴する
    ・受け入れる
    ・信頼する
    ・尊敬する
    ・違いを交渉する

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

作家。
1967年生まれ。早稲田大学社会科学部卒。 松久淳と「松久淳+田中渉」という筆名でコンビ作家としても活動。自身の著作以外にも、谷川俊太郎の詩「あなたはそこに」など別の作家の作品等への挿絵も手掛ける。 2004年に映画化された『天国の本屋~恋火』の原作でもある『天国の本屋』シリーズは累計100万部。

「2019年 『渋沢栄一 人生とお金の教室』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田中渉の作品

ツイートする
×