食べる投資 ~ハーバードが教える世界最高の食事術~

著者 :
  • アチーブメント出版
3.55
  • (40)
  • (110)
  • (106)
  • (26)
  • (4)
本棚登録 : 1431
感想 : 136
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784866430621

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「ドラッグ食」を読んだ後にこちらの本も読んでみた。

    現代人の最大のリターンを得る投資は「食事」である!
    そして、食べない「投資」もある!
    というのがこちらの本の最大のテーマ

    不健康食が人生のコストパフォーマンスを下げる!
    ということで、健康的に栄養を取る方法を教えてくれるという本。
    納豆のいろんな食べ方(栄養関係のアドバイスあり)やら忙しい人でもできる簡単な作り置きの栄養食、魚の簡単な調理方法などもアドバイスしている。

    あとは食べ方のアドバイス(揚げより蒸し)や炭水化物は控えるとか、食べる時間に注意とか…
    ちょっとしたことだけど気を付けたらいいかも。

    で、私が一番響いたのが最後のダライ・ラマの言葉

    金を稼ぐために健康を害し
    今度は病気を治すために、稼いだ金を使う
    将来の心配ばかりをして、現在を楽しむことをしない。
    その結果、人々は現在にも未来にも生きていない。
    あたかも人生が永遠に続くかのように生きているか、
    真の意味での人生を全うすることなく死んでゆく。

    深い!
    この言葉だけでも★5つです。

  • 管理栄養士さんもおすすめする本。
    「食事」こそ自分に対する投資!

    摂るべき栄養・食事、避けるべきものが書かれて有り、その理由も分かりやすく説明されている。

    一回目を読み終わったが、再度読み2回目は重要な所にはマーカーで印をつけ、「食事の教科書」として今後も活用していきたいと思う。

  • 食べる投資
    ・1日一1納豆
    ・食物繊維の作り置き(きのこ、切り昆布、豆、切り干し大根)
    ・週の半分は魚
    ・1日4色野菜(赤、黄、紫、緑、燈、黒、白)
    ・コーヒーにココナッツオイル
    ・粘り気のある芋
    食べない投資
    ・甘い飲料
    ・甘い果物と野菜
    ・白い主食
    ・食べる時間
    ・揚げ物
    ・食品添加物(プロピオン酸)
    ・過度な飲酒

  • 健康のために、食べるべきものと、健康のために避けるべき食べ物を知ることができる。
    俺も蛇矛(だぼう)を使いこなせる健康な体を維持するために、この本を読んで食事にも気を使っている。
    ちなみに関羽もこの本を読んでいて、ひげに良く納豆をつけて歩いているのを見かけるようになった。

    • ベルガモットさん
      張飛さん こんばんは。

      蛇矛ってどんな武器なのか調べてみました、かっこいいですね!
      使いこなすのは大変そう~

      ひげに納豆がつい...
      張飛さん こんばんは。

      蛇矛ってどんな武器なのか調べてみました、かっこいいですね!
      使いこなすのは大変そう~

      ひげに納豆がついている関羽さん、ちょっと天然なんでしょうか?!
      私も納豆大好きですが、評価高いのですかね。
      2022/08/19
    • 張飛さん
      よう、ベルガモット、コメントありがとよ!

      この前は、夜襲かと思ったら関羽のいびきだったよ・・・。爆音すぎて敵兵の声と間違えちまった。心配か...
      よう、ベルガモット、コメントありがとよ!

      この前は、夜襲かと思ったら関羽のいびきだったよ・・・。爆音すぎて敵兵の声と間違えちまった。心配かけてすまねえ。

      蛇矛の事を調べてくれたのか!ありがとよ!三国志に興味を持ってくれたみたいで、凄く嬉しいぜ!

      関羽は天然というより、ひげが長すぎて何かついていても気がつかない事が多いんだ。ひげにめちゃくちゃこだわりがあって、音楽も「ひげだん」以外絶対聴かねえ。あきれたもんだ。

      この本で一番推してると感じた食べ物が納豆だ。動脈硬化の予防や、骨を丈夫にする効果などなどかなりメリットが多いみたいだ。ぜひ、ベルガモットも食べ続けてくれ!
      2022/08/19
    • ベルガモットさん
      張飛さん、関羽さんのいびきが爆音とは凄いですね!
      更に愛聴しているのは、まさかのひげだん?!
      ひげだんを聞いたり納豆を食べるたびに、関羽...
      張飛さん、関羽さんのいびきが爆音とは凄いですね!
      更に愛聴しているのは、まさかのひげだん?!
      ひげだんを聞いたり納豆を食べるたびに、関羽さんの納豆付きひげを思い出して吹き出しそうです。
      お邪魔しました~
      2022/08/20
  • ビタミンD、亜鉛、マグネシウムをサプリで取ろう
    タンパク質はとりすぎは良くない
    タンパク質を摂るなら鶏肉魚卵から取ろう!片手で収まるくらいの量のタンパク質を!
    プロテインにもリン酸が含まれていないものを

  • 30代になると体にもガタが出てくるし
    体への投資として食べ物の習慣化は必須だと自覚。

    呼んで見て実践しようと思ったことをめも。
    砂糖水の排除と

    ・納豆(血液サラサラ発癌予防)は毎日1パック
    ・ビタミンD.亜鉛はサプリで。
    ・DHEA URJ(山芋)は意識的に食べる
    ・ココナッツオイルでエネルギー補給
    ・鉄、食物繊維、Vb(ほうれん草、小松菜、キャベツ)は意識的に食べる
    ・ファスティング(野菜ジュース)も検討

  • 食生活を見直して、人生のパフォーマンスを上げる重要性を感じる今日この頃。

    「食べる」ということを投資として考えた時に、気をつけるべきポイントを学べる。

    この投資はお金をかけるのではなく、食欲に対する自分との闘いである。

    筆者が主張する、仕事の質は「食」で決まる。

    今日からは、口にするものは全て自分への投資!

  • おわりに書いてあったダライ・ラマ14世の言葉が印象に残りました。

    (金を稼ぐために健康を害し、
    今度は病を治すために、稼いだ金を使う。
    将来の心配ばかりして、現在を楽しむ事をしない。その結果、人々は現在にも未来にも生きていない。あたかも人生が永遠に続くかのうにいきているが、真の意味での人生を全うすることなく死んでゆく)

    投資になる食事を選んで行きたいです。

  • 図書館にて。

    電車の中吊りで一時期たくさん見たな、と思い手にとった。

    ひとり暮らしももうすぐ5年目、自分の選んだ食べ物が自分の体を作っていく実感を知るようになってもなお、自炊が億劫な日もたくさんあってつい手軽な加工食品に頼ることも多い。

    ぼんやりと知識があっても実践しないと意味がない!栄養学のいろはをやさしく教えてくれる1冊だった。

    以下気になったこと、実践してみたいこと

    •週の半分は魚を食べる
    •ココナッツオイルを常備する
    •サプリ摂取もOK ビタミンD、鉄分
    •甘い飲料は飲まない
    •トランス脂肪酸 植物油脂に注意
    •ランチの血糖値スパイクに要注意
    •習慣的なファスティングを

    自分の健康は自分で守るしかない時代…情報社会つらい…!
    それでも最後の言葉にははっとさせられた。
    「金を稼ぐために健康を害し、
    今度は病を治すために、稼いだ金を使う。
    将来の心配ばかりをして、現在を楽しむことをしない。その結果、人々は現在にも未来にも生きていない。あたかも人生が永遠に続くかのように生きているが、真の意味での人生を全うすることなく死んでゆく」ダライ•ラマ

    なにはともあれ私は人生を楽しむために生まれてきているので笑、「食べること」の側面から、毎日の積み重ねが「生きること」に繋がる大切さに改めて意識が向いたというか。やはり目先の手軽さばかりに頼ってはいけないよな...うんうん。

    魚、ぜんぜん食べてないなと思って今日のランチはさばみそ定食に。まずは1歩ずつ、いかに読んで満足するだけにしないかを試されてるような気もする!

  • 天下一品で、こってりラーメン&ライス中を食べた日の夜に読了。

    何が体に良くて、何が体に悪いというのは断片的には聞いたことあったけど、体系的に学んだことは無かったのでいい機会になった。

    こういう本は著者によって言うことバラバラだけど、この本の著者の経歴から参考に値すると判断。それ以上はもう判断しようがないよね笑

    ダークチョコレート&コーヒーが体にいい。
    鮭は体にいい。
    などをどの栄養素が体にどう影響するかまで説明してくれているので、自分の不足部分と照らし合わせて食生活を改善できそう(だいたい忘れると思うが)

    ただ、この本にはレシピも載っているので、レパートリーを増やせるという意味でも買う価値あり。

    キノコのマリネはマジで美味い。(っ'-')╮ =͟͟͞͞

全136件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1957年横浜生まれ。1982年、北海道大学医学部卒業。内科研修を経て杏林大学救急医学教室講師として救急救命医療に従事。 ハーバード大学外科代謝栄養研究室研究員、救急振興財団東京研修所主任教授を経た後、キレーション治療とアンチエイジングを中心としたクリニックを2002年赤坂に開設、2005年広尾に移転、現在に至る。主な著書に『食べる投資 ハーバードが教える世界最高の食事術』『世界の最新医学が証明した 長生きする食事』(ともにアチーブメント出版)ほか。

「2020年 『医者が教える「最高の栄養」 ビタミンDが病気にならない体をつくる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

満尾正の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×