AMETORA(アメトラ) 日本がアメリカンスタイルを救った物語 日本人はどのようにメンズファッション文化を創造したのか?

制作 : 穂積和夫(カバー)  ソリマチアキラ(本文)  奥田祐士 
  • DU BOOKS
4.27
  • (5)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 58
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (408ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784866470054

作品紹介・あらすじ

アメリカで出版され、話題を呼んだ書籍『Ametora: How Japan Saved American Style』の待望の翻訳版!
日本人は「憧れ」をビジネスにし、独自の文化と伝統を創ってしまった!

アイビー、ジーンズ、ストリートウェアなど戦後アメリカから輸入したスタイルを、
日本人は独自の解釈と評価を加え、研究し、マニュアル化し、継承してきた。

そして、90年代以降は、アメリカや世界のメンズファッションが、
日本を参考にしているという状況を描いた傑作ノンフィクション。

VANやマガジンハウス、メンズクラブ、小林泰彦、穂積和夫、くろすとしゆきなど……
先駆者、仕掛け人、関係者への取材と現存する資料をもとに、歴史的視点から俯瞰して、
日本の戦後メンズ服飾史に新たな光をあてる。


石津祥介、木下孝浩(POPEYE編集長)、中野香織、山崎まどか、
ウィリアム・ギブスン、ジョン・C・ジェイ(ファーストリテイリング)ほか、絶賛!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アイビー、ジーンズ、ヤンキー・スタイル、プレッピー、DC、シブカジ、裏原、ビンテージ、レプリカ...etc。1950年ごろからの日本のアメリカ的なファッションの生い立ちを見事に解説している良書。

    背中を追ったもの、まさにハマったもの、手を出さなかったもの様々であるが、街中で見かけたり、テレビで見かけたりと記憶にあるものばかりであり、懐かしい感じがするとともに、それらのファッションの背景を知れたことが何より面白かった。

    ファッションの多様化の歴史書でもある。さらに多様化が進んだ現代を後世から振り返るとどんな表現がされ、またその裏側に潜んでいるドラマはどんなものがあるのだろうかと想像を掻き立たれらる一冊でもある。

  • 本との出会いはいつも書店で出会い頭、な私ですが、この本は原本がアメリカで出て、翻訳が進んでいるという段階から発売を心待ちにしていた一冊。日本のメンズファッションの変遷を、外国人がまとめた興味深い一冊。みゆき族、アイビー、トラッド、クリームソーダ、竹の子族、裏原宿、古着屋にヴィンテージジーンズにレプリカジーンズ、そんな風にアメリカ文化を咀嚼しながら全く日本独自のものにしてしまった日本のメンズファッション文化の歴史本。そしてそれらのブームは決して自然発生的ではなく、常に熱意ある人間によって作られてきたということがよくわかる。ファッションのみならず「日本文化とはなんじゃらほい」と考える向きにもお勧め本です。

  • 懐かしいイラストに惹かれ「ジャケ買い」した一冊。一見カジュアルな装丁とは裏腹に、中身は戦後から現代に繋がる日本のメンズファッションの変遷を細部まで網羅した力作。アイビースタイルの歴史、ジーンズの進化、そしてストリートファッションの盛衰など、よくぞここまで盛り込んだものだと感嘆するばかり。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1978年、オクラホマ州生まれ、フロリダ州育ち。2001年にハーバード大学東洋学部卒、
2006年に慶應義塾大学大学院商学研究科修士課程卒。日本の音楽、ファッション、アートについてNEW YORKER, GQなどに記事を書き、ウェブジャーナルのNEOJAPONISMEを編集。東京在住。Twitter @wdavidmarx

「2017年 『AMETORA(アメトラ) 日本がアメリカンスタイルを救った物語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

デーヴィッド・マークスの作品

ツイートする