ひみつ堂のヒミツ 1000円のかき氷を1日500杯売り続けられる理由

著者 :
  • DU BOOKS
3.17
  • (0)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784866470238

作品紹介・あらすじ

5時間待ってでも食べたくなる、魔法のかき氷。
でも、売れる理由は「おいしいから」だけじゃない!!
屋台からはじまった谷中のかき氷店、大成功の秘密とは?

・転職20回。なぜ、かき氷を選んだか?
・屋台で行列をつくるには?
・お店づくりはエンターテインメント!
・お手本にしているのはかき氷屋じゃない
・悔しさあふれる、はじめての行列
・アイデアのひみつ
・「いちみ、いちよー、きゃらりんちーず」、味を表現するネーミング
・フワフワの天然氷ができる温度
・回転率を上げなければいけない、ふたつの理由
・かき氷ブームで終わらせない
・小さな町でのお店の続け方

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大好きひみつ堂!
    誠実で真摯な、愛情深い職人さん、、、だからこんなに素敵なんだなぁ。

    信念をもって仕事をしている人たちの本を図らずも続けて読んだことで( 「これからの本屋読本」を読んだ後に読んだ)、無意識に比較したり想起したりして面白かった。

  • 一度しか行ったことないけど、再訪したくなりました。

  • 台東区谷中にあるかき氷屋さん「ひみつ堂」

    目の前を通ることがよくあるのだがいつも行列が出来ています。

    そんなひみつ堂のヒミツがこの本には書かれていて非常に興味深い内容でした。

    どうすれば成功するか、というよりは足りないものはどう補うか、色々な失敗をどう改善していくかという点が大切なんでしょうね。

    面白かったです。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1969年東京都生まれ、千葉県育ち。東京・谷中のかき氷店「ひみつ堂」店主。
新聞配達、ダンプカー運転手、不動産営業、ディスコ店員、八百屋、地図作成調査、イタリア料理店店長、パンフレットデザイナー、スキューバダイビング・インストラクター(石垣島)など20以上の職種を経験。1991年春、22歳のときに三代目市川猿之助の門を叩いて弟子入りし、歌舞伎俳優として修業したのち、2011年5月、41歳で、東京・谷中に「ひみつ堂」をオープン。オープン後は、天然氷と果実をふんだんに使用した美しい色の蜜で、行列の絶えないかき氷店として、「ワールドビジネスサテライト」(テレビ東京系列)、「マツコの知らない世界」(TBS系列)、「news every.」(日本テレビ系列)、「SmaSTATION!!」(テレビ朝日系列)、「美の壺」(NHK系列)、「Hanako」(マガジンハウス)、「オズマガジン」(スターツ出版)をはじめ、さまざまなメディアで取り上げられている。

「2017年 『ひみつ堂のヒミツ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
辻村 深月
ジャレド・ダイア...
松村 真宏
森見 登美彦
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする