J・ディラと《ドーナツ》のビート革命

制作 : ピーナッツ・バター・ウルフ 
  • DU BOOKS
3.75
  • (1)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784866470320

作品紹介・あらすじ

※書影は原書のものです
早世の天才ビートメイカー、J・ディラの音づくりは何が革命的だったのか?
ヒップホップ史に燦然と輝くマスターピース『ドーナツ』を味わい尽くすための1冊が邦訳刊行!

生い立ち、地元デトロイトの音楽シーンから、スラム・ヴィレッジ、ア・トライブ・コールド・クエスト(ジ・アマー)、ソウルクエリアンズでの制作秘話、盟友マッドリブとの邂逅、そして病魔と闘いながら作り上げた『ドーナツ』まで、J・ディラの全キャリアを徹底総括。
ヒップホップ/ビートミュージックシーンのみならず、のちの凄腕ドラマーたちの奏法にまで影響を与えたあの"揺れるビート"の秘密に迫る。

日本語版には、自身もビートメイカーとして活動する本書訳者・吉田雅史による解説/ディスクガイドを追加収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • HIPHOPに本格的にハマったしまったのはThe Pharcydeの「Runnin'」を聞いてからだと思う。

    あれから、色んなHIPHOPに手を出して、日本語RAPも聞いてみたり、オールドスクールというジャンルに手を出してみたり色んなビートを聞いてみた。

    途中ATCQを知って、「俺が求めていたHIPHOPはこれだ!!」みたいに、興奮した。

    でもやっぱり振り返ると、どうしてもこの「Runnin’」が耳から忘れられなかった。


    ずっとそれが「なぜなのか?、なぜ自分ばこのビートに吸い寄せられてるのか?」が謎だったが、この本に出会って全てを理解した。

    J Dillaだった。
    全てのビートはJ Dillaに通じていた。

    「Runnin’」もそうだった。
    ATCQのアルバムも、が全てやってるんだと思ったら。
    でも裏で一部ビートを作ってたのはJ Dillaだった。

    そして同時にJ Dillaがビートを遺して去った故人である事をしった。

    この本はおそらくよっぽどのHIPHOPマニアでも手が出すものは違う本かもしれない。
    それこそ最近のMCバトル好きの人にとっては何も面白くない。

    ただ、自分みたいにHIPHOPの曲が好きで、サンプリング元を辿ってそこに物語を見出す事に喜びを感じている人からしたらこの本は素晴らしく良本である事を保証する。

    「DONUTS」は自分が聴いた中では最高のアルバムだ。

    そしてそれは1つの音楽というより、人生に近い。
    とにかく、この本は手元にSpotifyがあるなら、是非曲を聴きながら本を読んて欲しい。

    自分は「DONUTS」の最後の「Welcome To The Show」を聞いて、そのサンプリング元のフレーズを知った時、思わず泣いてしまった。

    素敵なBeatをありがとう。

    R.I.P
    https://open.spotify.com/track/3T3oG6g4aTqPzvy8bAD6Kw?si=AaUIqpVQRoOfi3v8R_xnWg

  • ヒップホップはMCよりも職人的な匂いのするビートメイカーに惹かれる。
    どうしても俗な印象を受けてしまうラッパーに対してビートからは音楽からのメッセージのみを受け取るので洗練されているものを聴くとアートの一つなんだと感じる。
    そんな芸術の域まで昇華させているビートを作るのはプレミアと本書のJ Dillaがまず思いつく。
    彼のベースとドラムの独特な音はこれからもずっと聴き続けるものだと思う。

    そんな昔から好きだったアーティストの半生を描いている本は珍しく感じたので読んでみた。
    世界中のファンのいる(あくまでアンダーグラウンドではあるが)アーティストの本ではあるがとてもパーソナルな印象を持った。
    主要人物は5人くらい。
    その外堀に有名なアーティストがまたまた5人くらい登場するくらいでDilla本人がどのような生活をしていたのかがうかがい知れる。

    個人的にはJ Dillがどのようなこだわりを持ってビートを作っていたのかを知ることができたことがとてもワクワクした。

  • 『Donuts』という作品の解説として、批評として、J Dillaという人物の伝記として、それぞれとても充実した内容だった。

    その魅力を仔細に紐解き、いかにしてこの作品が作られたのかを時代背景やヒップホップシーンの動きとともに多角的にまとめられている。具体的なサンプルソースやビートメイキングの手法などについてもかなり詳細に解説されているが、素人にもわかりやすい。

    日本語訳版巻末の補足的な総括もよかった。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

カナダのトロントを拠点とするフリーランス・ライター兼編集者。

「2018年 『J・ディラと《ドーナツ》のビート革命』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジョーダン・ファーガソンの作品

ツイートする