ジョン・レノン 音楽と思想を語る 精選インタビュー1964-1980

制作 : ジェフ・バーガー 
  • DU BOOKS
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (488ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784866470498

作品紹介・あらすじ

※書影は原書のものです。

12月8日でジョン・レノン没後37年。
世界制覇から死去までのわずか
16年間で彼は何を考え、何を語ったのか。
正真正銘の生前ラスト・インタビュー収録の決定版!

ラジオ、テレビ、記者会見などで語られたものを中心に、これまで活字としてあまり顧みられることがなかった、ジョン・レノンの主要インタビューを19本収録。
ビートルズがアメリカに上陸し、世界を席巻する1964年から、1980年12月8日、ジョンが凶弾に倒れる数時間前に行われたインタビュー(現在日本語で読めるのは本書だけ!)まで。
辛辣でウィットに富み、かつ支離滅裂でちらっと本音も垣間見せる。音楽、思想、政治など多彩な内容を網羅した発言録から、16年間のジョンの軌跡を振り返ることができる1冊! 世界初活字化インタビューを3本含む

ティモシー・リアリーやピート・ハミルら著名人との対談も収録。「ディック・キャベット・ショー」での長時間対談は世界初の活字化!ほか一部のみ活字化されていた対談の完全版もあり。

「僕らが最初にしなくちゃならなかったのは、世の中に対してリヴァプールらしさをはっきりと示して『リヴァプールの出身で、こんな喋り方をしても何の問題もない』と言うことだった」
「自分以外のものになれる能力があるとしたら、僕はそうなりたいね。アーティストでいることは、楽しくなんかないよ。(中略)楽しくなくて、拷問なんだ」
「戦争はいつだって売り物になっている。(中略)どの映画も戦争や暴力なんかを売り物にしている。僕はこのバランスを少し等しくしようとしているだけなのさ」

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 1980年に死去したジョン・レノンの1964から1980年にかけて行われたインタビューのうち、全くもしくは一部しか活字化されていないものの全文を掲載した本。
    2段組で約470ページという大ボリューム。
    ティモシー・リアリーとの対談が貴重だが、特に貴重なのは、死の数時間前に行われた、本当のラストインタビューの掲載。コンサートツアーにも意欲を示していただけに、月並みな言葉ではあるが、今更ながら早すぎた死が本当に悔やまれる。
    ジョンが今も生きていたら、どんな音楽を私たちに聴かせてくれたのだろう・・・。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1940年10月9日、イギリス、リヴァプール生まれ。1957年にクオーリー・バンク校の友人たちとクオーリーメンを結成、のちにポール・マッカートニーとジョージ・ハリスンが加わり、ビートルズへと発展する。1962年6月にEMI傘下のパーロフォン・レーベルと契約、リンゴ・スターの加入を経て10月5日に〈ラヴ・ミー・ドゥ〉でレコード・デビューを果たす。1969年9月にビートルズ脱退をメンバーに告げると、同年3 月に結婚したオノ・ヨーコとの音楽活動を開始する。1975年からは主夫として第一線を退くも、1980年11月に『ダブル・ファンタジー』をリリースしてカムバック。それから約3週間後の12月8日夜、ニューヨーク市内の自宅前で襲撃されて死去する。

「2018年 『ジョン・レノン 音楽と思想を語る』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジョン・レノンの作品

ジョン・レノン 音楽と思想を語る 精選インタビュー1964-1980を本棚に登録しているひと

ツイートする
×