エレベーター・ミュージック・イン・ジャパン 日本のBGMの歴史

著者 :
  • DU BOOKS
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :10
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784866470566

作品紹介・あらすじ

世界一の音楽消費国と言われるまでになった、
日本のBGMの歴史を総括!

名著『電子音楽 in Japan』の著者による、入魂のジャパニーズBGM史!

海外で生まれたBGMビジネスが、
日本にどのように持ち込まれ普及していったのか――。
その歴史をビジネス界のトレンド、ハードウエア史、著作権の変遷など、
さまざまな視点を絡めながら、今日に至るヒストリーを振り返る。

BGMとは?
バックグラウンド・ミュージックの略称。アメリカにおいて「ミューザック」、「エレベーター・ミュージック」と呼ばれていた公共空間への音楽配信サービスを、東洋音楽放送がこう名付けてセールスしたことから日本で定着。アメリカでは使われないが、ヨーロッパは日本と同じBGMで通じる。

アスリートたちが愛聴している定番BGMリスト、
SNS等で話題の西友ストアのBGMについて、
さらに、日本初のBGM年表も掲載!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 文字通り、日本のBGMの歴史。英語のBGM=劇伴の背景音楽ではなく、店舗などでかかる和製英語の BGM。ヒットチャートとは異なる巨大な音楽市場の実像。ディスコグラフィも充実。喫茶店定番BGMから、お笑いとそのBGM(松旭斎すみえからにゃんこスターまで)などたくさんのリストが載っているのも楽しめる。ぜひプレイリストを配信して欲しい。

全1件中 1 - 1件を表示

田中雄二の作品

エレベーター・ミュージック・イン・ジャパン 日本のBGMの歴史を本棚に登録しているひと

ツイートする