いきなりサイエンス 日常のその疑問、科学が「すぐに」解決します

  • 文響社
2.94
  • (0)
  • (3)
  • (11)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :64
  • レビュー :14
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784866510095

作品紹介・あらすじ

世界600万人が支持した、ニューヨークタイムズベストセラー!

知的好奇心が爆発する!
読んだらきっと、誰かに教えたくなる。
生物学者 福岡伸一氏(『生物と無生物のあいだ』)、大推薦。

●年を取るほど時間があっというまに過ぎるのはなぜ?
●「え、こんな顔?」写真うつりが実物とちがうワケ
●ふつか酔いを「科学的に」すっきり治す方法
●汚い言葉を使う人のほうが長生きできる!?
などなど

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 楽しかった。すぐ読めた。

  • 面白かった。各節の分量も少ないので、サラッと読める。

  • 学生向けなのかな。雑学的なことが多かった印象。

  • 科学と言うと難しげだが、日常の疑問に科学で答えてくれる、役に立つ、世界が面白くなる本。
    知的好奇心を大いに刺激してくれ、且つすらすらと読めるのがよい。

  • 読みやすさを謳うだけに、興味をひく話題を平易な文章で解説する他にも、デザインもカラーを黄色で統一し、テーマごとに楽しいイラストを配するなど、普段科学本に親しまない層にも訴求力がある。自分などは理屈をおいて結論まで読み飛ばしがちだったが。大人でもネタ本として楽しめるが、良い意味で低年齢層向け。

  • 借りたもの。
    日常のあまり気にならなかったけれど、言われてみれば確かに気になる不思議を簡単に解説してくれる。
    イグノーベル賞の書物版のようなものか。
    細かいこと、難しいことは一切言及しない。専門用語も使わず、説明しない。
    だから読みやすい。
    前書きでも言及されていたが、『ホワット・イフ?:野球のボールを光速で投げたらどうなるか』( http://booklog.jp/item/1/4152095458 )の奇抜さと比較して、非常に身近な内容だった。
    どれも役に立つかは不明だが、心に留めておいても良いのかもしれない。
    あとがき読んだら、AsapSCIENCE( https://www.youtube.com/user/AsapSCIENCE )の文章版らしい。
    大人な内容(!)も、子供でも楽しめる?

  • サイエンスに興味を持つきっかけとしては素晴らしい本だと思う。
    ただ、結局個人差があるとかなんとなくデータが怪しかったりとかあともう一歩!という気がした。
    中高生にはいい本かもしれない。

  • 図書館で借りて面白かったので、子供たちにも読ませた。

  • 2017年8月 出版月報 理工書ランキング9位

全14件中 1 - 10件を表示

いきなりサイエンス 日常のその疑問、科学が「すぐに」解決しますのその他の作品

ミッチェル・モフィットの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
高野 和明
ウォルター・アイ...
ウォルター・アイ...
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

いきなりサイエンス 日常のその疑問、科学が「すぐに」解決しますはこんな本です

いきなりサイエンス 日常のその疑問、科学が「すぐに」解決しますを本棚に登録しているひと

ツイートする