先輩、これからボクたちは、どうやって儲けていけばいいんですか?

著者 :
  • 文響社
4.40
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784866510101

作品紹介・あらすじ

ビジネスの本質とは、何と言っても「利益」を上げること。でも、その方法には様々なものがあります。
本書では、利益の上げ方(儲け方)のパターンを、実際の企業名などを挙げながら、わかりやすく解説。さらに、読者のビジネスを変革するヒントを提示します。
ドSな美人OL・ケイコと、新人社員マサキのかけあいで、ビジネスモデルの基礎がまるわかり!
世の中にあるすべての儲け方を分類する、8つの「利益スイッチ」とは――?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・誰から儲けるか
    全員から利益を取るのか、儲けない客をつくるぼか、第三者から利益をあげるのか。
    ・何で儲けるか
    すべての商品から利益を出すのか、利益を生まない商品を作るのか。
    ・どうやって儲けるか。
    利益をその場で確定させるのか、長期的スパンで利益を考えるのか

    それぞれの項目をスイッチに見立て、オンオフの組み合わせでビジネスモデル作る。

  • 1.誰から儲ける?
    2.何で儲ける?
    3.どうやって儲ける?
    この3つを組み合わせて考える。

  • 自社の儲け方を見直したいと思う方、利益率アップに取り組みたい方にオススメの一冊。

    表紙のイメージから、カンタンに読めそうな一冊であるが、本書の良い点は、ビジネスモデルの考え方を自社にいかに適用するか分かりやすくナビゲートしてくれる点である。

    事例がたくさん書いてあるビジネスモデル関連書より、本書をじっくり読んで使いこなすことを目指した方がよっぽど効果的だと思う。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

兵庫県立大学 教授 博士(経営学)
ビジネス・ブレークスルー大学 客員教授
大阪府出身。「現場で使えるビジネスモデル」をモットーに、その理論を実際の企業の中で検証する実践派の経営学者。初の単独著書である『ビジネスモデルのグランドデザイン』(中央経済社) は、経営コンサルティングの規範的研究であるとして第41回日本公認会計士協会・学術賞(MCS賞)を受賞。ビジネスの全体像を俯瞰する「ナインセルメソッド」は、さまざまな企業で新規事業立案に用いられ、自身もアドバイザーとして関与している。また、テレビ番組の解説や情報監修など、メディアを通じてビジネスの面白さを発信している。
著書に『儲ける仕組みをつくるフレームワークの教科書』(かんき出版)、『ビジネスモデル思考法』(ダイヤモンド社)、『そのビジネスから「儲け」を生み出す9つの質問』(日経BP社)など多数。

「2017年 『先輩、これからボクたちは、どうやって儲けていけばいいんですか?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

先輩、これからボクたちは、どうやって儲けていけばいいんですか?のその他の作品

川上昌直の作品

ツイートする