北欧スウェーデン式自分を大切にする生き方 心の病を抜け出した夫婦からのアドバイス27

制作 :    齋藤 慎子 
  • 文響社 (2017年8月11日発売)
3.20
  • (2)
  • (1)
  • (10)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :113
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784866510132

作品紹介

世界22か国以上で翻訳!人口980万人のスウェーデンで20万部の国民的ベストセラー!「幸福度の高い国」として有名な北欧スウェーデンの人々が共感した、幸せな人生のつくり方。
つい無理をしてしまい仕事が休みになると体調を崩す。スケジュールを埋めるのが大好きでリラックスする時間は後回し。そんな忙しい人こそ今すぐ実践してください!心と体をすこやかに守る方法を身につければ、人生が変わります。

北欧スウェーデン式自分を大切にする生き方 心の病を抜け出した夫婦からのアドバイス27の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 20170905 病気になってからタイトルに惹かれて本を買うようになった。読みやすく気楽に対処できるような内容。「自分が変わる勇気を持てば、人生はワクワクする旅に変わる」その通りだと思う。

  • ありのままの自分で良いのだ、と幼い頃の自分に声をかけてくれた人が存在していただろうか。支配的な親の元で育ったり、周りの人間の影響を強く受けて育っていると、○○が出来ない自分には価値がない、出来ないと意味がないのだ、と我々は思いがちである。
    自分をそのまま受け入れることが出来るのは、親や兄弟を除けば自分だけである。他ならぬ自分が、自分のことをありのままに受け止め、自分のしたいことに目を向け、今この瞬間の幸せに着目することができなければ、我々はずっと未来の何かを追い求め続けて、幸せになることが出来ないのだ。
    「人生の義務は、ただひとつしかない。それは幸福になることだ。」この本の巻頭ページで紹介されているドイツ文学者、ヘルマン・ヘッセの言葉だ。自分の内面から出る言葉に耳を傾け、今この瞬間の幸せを精一杯感じるために、どうしたらいいか。そのための実用的な方法が書いてあるのが本書である。

  • ストレスで健康を害さないようにする為の方法を紹介している本。

  • 精神を病んだ経験のあるスウェーデンの夫婦が、自分を大切にするために取り組んだ考えや行動の変化を27項目にわたって共有してくれる。

    タイトルに「スウェーデン式」とあるが、どのあたりがスウェーデン固有のものなのかは正直よくわからない。
    ただ、今どのようなライフスタイルを送っている人でも吸収できる内容であるため、「自分を大切にする」ということについて考えたことがないという読者にとっては、大きな気づきとなるメッセージが幾つか見つかるかもしれないと思えた。

  • ・スウェーデンの里子養育システム
     親の保護下にあっても、「サポート家族」と一緒に時間を過ごす。親の負担を軽くし、子供達には普段とは違う暮らしを体験させる。親以外の大人のロールモデルに触れさせて、大人との触れ合いを広げさせる一つの手段。

    ・ストレスレベルが高くなると
     いらいらしやすい⇒人の話をしっかり聞く余裕がなくなる⇒不安感、自信喪失、大切だったものがどうでもよくなる。

    ・うまくいったことを考えるようにすれば、気分爽快でストレスを感じる余地など無くなる

全5件中 1 - 5件を表示

北欧スウェーデン式自分を大切にする生き方 心の病を抜け出した夫婦からのアドバイス27のその他の作品

マッツ・ビルマークの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

北欧スウェーデン式自分を大切にする生き方 心の病を抜け出した夫婦からのアドバイス27はこんな本です

北欧スウェーデン式自分を大切にする生き方 心の病を抜け出した夫婦からのアドバイス27を本棚に登録しているひと

ツイートする