北欧スウェーデン式自分を大切にする生き方 心の病を抜け出した夫婦からのアドバイス27

制作 :    齋藤 慎子 
  • 文響社
3.14
  • (2)
  • (3)
  • (13)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 132
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784866510132

作品紹介・あらすじ

世界22か国以上で翻訳!人口980万人のスウェーデンで20万部の国民的ベストセラー!「幸福度の高い国」として有名な北欧スウェーデンの人々が共感した、幸せな人生のつくり方。
つい無理をしてしまい仕事が休みになると体調を崩す。スケジュールを埋めるのが大好きでリラックスする時間は後回し。そんな忙しい人こそ今すぐ実践してください!心と体をすこやかに守る方法を身につければ、人生が変わります。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 20170905 病気になってからタイトルに惹かれて本を買うようになった。読みやすく気楽に対処できるような内容。「自分が変わる勇気を持てば、人生はワクワクする旅に変わる」その通りだと思う。

  • 過去に感じたこと、他人にされたことを許せば今の自分を好きになれる。ということが書いてあった。
    過去に感じたことを受け入れるにはどうしたよいか、そう解釈したら良いのかを知りたかった。
    やはり診療心理士に相談すべきだなと感じた一冊

  • 北欧と言えば社会福祉が充実していて、幸福度が高いイメージであったが、心の病を抱えている人が多いという事実にまず驚いた。そして心の病を克服するための方法は万国共通であった。これまでには主に日本人の著書を読んできたが、本書に書かれていた27のアドバイスは今までに読んできた内容とほぼ同じものであった。
    内容的には真新しいものはないものの、たまにこのような本を読むと改めて認識することができた。


    ・勤勉で、まじめで、凡帳面で、人に対してはいつもいい顔をしようとするような性格の人は、メランコリー親和性格と呼ばれ、うつ病(メランコリー)になりやすい。

    ・「不安」はたいてい、すばらしい資質や能力の表れなのです。心配性のあなたは、おそらく平均より頭がよく、とてもクリエイティブで、想像力がたくましい人でしょう。しかし、不安の問題を抱えている人は、その能力で自分を怖がらせて病気になってしまいがちです。なにごとも必要以上に分析し、たくましい想像力で恐ろしい惨事を思い描いてしまうのです。心配や不安が大きくなるのを放っておくと、自分のすることなすことに、いちいち疑問を抱くようになります。心配や不安が当たり前になり、人生の一部として仕方なく受け入れている人が少なくありません。自分の不安に向き合ってはじめて、どれほどの時間、体力、気力を奪われていたかに気づくのです。心配や不安は、ストレスを感じているときや大きなプレッシャーを抱えているときにきまって忍び込んでくる、さまざまな不快な感情を引き起こします。
    ・心配や不安は、ほかでもない自分自身の考えから生じているのです。周囲の人や世の中が原因ではありません。自分自身が、過去のことをくよくよ考えたり、先のことをあれこれ心配したりするから、問題が生じるのです。

    【色が心や体に与える影響】
    ・色でバランスをとろうとする直感的感覚は誰にでも備わっていますから、自分の気持ちに思い切って従えばいいのです。
    ・赤:赤は神経系統に影響を及ぼし、それによってアドレナリンの分泌が増えます。血圧、呼吸数、血糖値が上昇します。性ホルモンが活性化され、筋力が増大します。赤ぼ血や炎の色です。暖かい印象があるため、熱意や積極性な感じさせます。
    ・青:青は赤と正反対の影響を神経系統に及ぼします。副腎のコルチゾール分泌を促すため、血圧が下がる、呼吸が落ちつき、アドレナリン分泌が抑えられます。体内酸素を増やし、ホルモンの活性や炎症を抑えます。青には落ち着いた印象がありますが、やや憂離な感じもあります。じっとしていられない(多動性の)子どもの部屋に適した色です。
    ・黄:黄色が警戒心を高めると言われ、精神を刺激するのは、太陽の色だからです。
    ・緑:緑はまさに中間的な色です。落ち着いたりほっとしたりする色で、調和,若々しさ、初々しさを連想させる心地いい色、と一般的に見なされています。集中力を高め、安心感をもたらします。
    ・オレンジ:オレンジは血液の循環なよくし、ポジティブでもネガティブでも強い感情を連想させます。食欲を高め、消化な促します。キリスト教では、七つの大罪のひとつである「貧食」を表す色です。
    ・紫:紫は、寒色の青が持つ安定性に暖色の赤が混ざった色です。ひらめきを与え、創造性を高めます。
    ・ピンク:ピンクは、赤色がもたらしたり連想させたりするもののソフト版です。愛や慈しみのシンボルですが、激しさはありません!女の子には刺激となり、男の子には落ち着かせる効果があります。
    ・ブラウン:ブラウンは、安定、信頼、親近感を表します。男性的特徴があります。母なる大地の色です。
    ・黒:黒はエネルギーを吸収する色なので、不動、静寂、重さを感じさせます。非常にフォーマルで権威のある色と考えられています。黒を多用すると,憂夢になったり、具合が悪くなったりします。なにかを強調するためのコントラストや、緊張や力強さを出すための差し色として使われることもあります。
    ・白:ほかの色をくつきりと目立たせます。白ばかりだと、冷たくて面白みに欠ける感じかするかもしれません。
    ・グレー:威厳、古風、信頼を表します。抑制の効いた、あまり目立たない、中間的な色であり、自制心や自立の色とされることもあります。

    ・「しなけれぱならない」ことをすべて書き出してみて、自分で決めたものでなければ削除してください。現実的なものもあれぱ、そうでないものもあるでしよう。本当にすべきなのは、「しなければならない」ことを達成可能な目標に変えることです。自分が本当にしたいことたけを目標にします。「しなけれほならない」ことのなかから、本当にやりたいこと、ほかならぬ自分自身が決めたことを見つけたら、それが人生の目標になるはずです。どうやってその目標を達成ずる力よく考えるのです。

    ・人からどう思われるかよりも、自分で自分をどう思うかがはるかに重要です。人生におけるポジティブな面に意識を集中していると、もっと楽観的になって、ポジテイプなエネルギーを周りに広げられるようになります。すると今度は自分も、さらにポプテイプなエネルギーを得られるようになるのです。


    ・口論したり、不平不満を言ったり、ストレスなまき散らしたりする人たちに固まれて育つと、自尊心や自信を培うのは困難です。とはいえ、大人になったあなたがこれを改善することは、百パーセント可能なのです。自分のネガティブな思考パターンはなかなか認めづらいものです。でも、一度認めてしまえぱ、自分の態度を改めてポプティプに考えられるようになります。脳は空想と現実を区別できませんから、どの考えも現実だと認識して常に反応しています。

    ・娘には、そのままで十分、と常々言い聞かせています。素晴らしい娘で誇りに思っくいるーと言ってやります。こうしたことをしよっちゅう耳にすることが娘にとって重要なのです。なにか達成したわけではなくても、です。こう言われることで、娘は人としていろいろな意味で強くなっていくのです。できたことだけでなく、子どものすばらしい人格を頻繁に褒めてやりきしょう。

    ・まずは、ネガティブ思考な一日ひとつ書き留めることから始めましょう。慣れてきたら、一時間にひとつ、三十分にひとつ、という具合に頻度をあげていきます。考えるときも、自分や人に言葉をかけるときも、人の話をするときも、常にポジティブを心がけていると、人生がらっと有意義なものになるのです。自分の思考だけでなく、人が話している内容にも、もっと注意を払ってみましょう。同僚、子ども、パートナー、友人がロにしているネガティブなコメントを書き留めてみるのです。日々耳に入ってくるネガティブな内容の多さに唖然とずるほすです。

    ・あなたは衝突を一切避けるお人好しタイプではありませんか?衝突の兆しがほんの少しあるたけで自分から折れていたら、相手につけ込まれて、自尊心が傷つくことになります。冷静にノーと言うことで、自分の信念を守れるようになるには、ひたすら実践あるのみです。習慣化して自然にできるようになるまで練習するしがないのです。

    ・必要なときに、自分の意図をはっきり伝えたりノーと言ったりすることが、自尊心を高めて自信をつけることにつながっていきます。気が答める必要はありません。自分自身に理解を示し、自分がしたいように行動し、これが大事たと思えぱ、自分の意見をしっかり守るりです。人に決めてもらうのを待っていてはいけません。自分で決めるのです。

    ・子どもは、親が言うことではなく、親がしていることをします。親がストレスを感じていたら、子どももそうなってしまうのです。子供と二人きりになる時間をとる。スキンシップを取る。子供の話をきちんと聞く。親の気持ちや考えを子供に聞かせる。年齢になった活動を探す。ときには子供を退屈にさせておく。注意深く見守る。家族行事をつくる。子供が自制できるよう仕向ける。

    ・どんな状況にあっても、自分の考え方はいつでも自分で選べるのです。そうするととで、よりよい方法で状況に対処できます。いたるところに問題を見つける人は、自分で問題を作り出している場合が少なくありません。反対に、いたるところにチャンスを見つける人は、自分でチャンスを生み出しているのです!

  • ありのままの自分で良いのだ、と幼い頃の自分に声をかけてくれた人が存在していただろうか。支配的な親の元で育ったり、周りの人間の影響を強く受けて育っていると、○○が出来ない自分には価値がない、出来ないと意味がないのだ、と我々は思いがちである。
    自分をそのまま受け入れることが出来るのは、親や兄弟を除けば自分だけである。他ならぬ自分が、自分のことをありのままに受け止め、自分のしたいことに目を向け、今この瞬間の幸せに着目することができなければ、我々はずっと未来の何かを追い求め続けて、幸せになることが出来ないのだ。
    「人生の義務は、ただひとつしかない。それは幸福になることだ。」この本の巻頭ページで紹介されているドイツ文学者、ヘルマン・ヘッセの言葉だ。自分の内面から出る言葉に耳を傾け、今この瞬間の幸せを精一杯感じるために、どうしたらいいか。そのための実用的な方法が書いてあるのが本書である。

  • ストレスで健康を害さないようにする為の方法を紹介している本。

  • 精神を病んだ経験のあるスウェーデンの夫婦が、自分を大切にするために取り組んだ考えや行動の変化を27項目にわたって共有してくれる。

    タイトルに「スウェーデン式」とあるが、どのあたりがスウェーデン固有のものなのかは正直よくわからない。
    ただ、今どのようなライフスタイルを送っている人でも吸収できる内容であるため、「自分を大切にする」ということについて考えたことがないという読者にとっては、大きな気づきとなるメッセージが幾つか見つかるかもしれないと思えた。

  • ・スウェーデンの里子養育システム
     親の保護下にあっても、「サポート家族」と一緒に時間を過ごす。親の負担を軽くし、子供達には普段とは違う暮らしを体験させる。親以外の大人のロールモデルに触れさせて、大人との触れ合いを広げさせる一つの手段。

    ・ストレスレベルが高くなると
     いらいらしやすい⇒人の話をしっかり聞く余裕がなくなる⇒不安感、自信喪失、大切だったものがどうでもよくなる。

    ・うまくいったことを考えるようにすれば、気分爽快でストレスを感じる余地など無くなる

全7件中 1 - 7件を表示

プロフィール

スウェーデン、カルマル市生まれ。起業家として働くなか、自身の不安症という心の病と向き合ったことをきっかけに、心の病の研究に力を入れ始める。二〇一一年、「インナー・ヘルス」と題した初講演をカルマル市内のホテルでおこなったところ、計6回の講演が全て満員となり大反響。その後もさまざまな都市での出張講演をおこなう。二〇一三年にはこの一連の「インナー・ヘルス」講演をDVD化して販売。

北欧スウェーデン式自分を大切にする生き方 心の病を抜け出した夫婦からのアドバイス27のその他の作品

マッツ・ビルマークの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
スティーヴン・ガ...
三浦 しをん
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

北欧スウェーデン式自分を大切にする生き方 心の病を抜け出した夫婦からのアドバイス27を本棚に登録しているひと

ツイートする