運命の恋をかなえるスタンダール

著者 :
  • 文響社
3.98
  • (37)
  • (32)
  • (28)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 383
レビュー : 42
  • Amazon.co.jp ・本 (354ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784866510156

作品紹介・あらすじ

「恋は甘い花のようなものだ。しかしその花を摘むには、恐ろしい断崖絶壁の縁まで行かねばならない」

誰にでも恋愛の奇跡は起こる―。「夢をかなえるゾウ」「スパルタ婚活塾」の著者水野敬也が贈る愛と笑いの長編恋愛小説。

☆自分を最高に輝かせる『結晶作用』
☆男を虜にする『悪女の振る舞い』

文豪スタンダールの名著「恋愛論」のノウハウを現代に超訳。愛の国フランスの恋愛エッセンスが自然と学べます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 久し振りの水野さん。やっぱりおもしろかった。
    ドラマの『私結婚できないんじゃなくて、しないんです』もおもしろかったし、『夢をかなえるゾウ』も楽しかったので、期待していたがそれ以上だった。
    「そんな上手くいくわけないだろう」と思うところはもちろんある。
    でも物語だもの。それがなければ恋愛指南本にもならないよね、と。
    それ以上に、「ふふっ」と笑ってしまうところがたくさんあったし、最後はちょっといい話になったし。
    それが蛇足だと思う人もいるかもしれないけれど、にっこり終わりたい人には良いと思う。

    スタンダールからの教訓は、小悪魔的なところは実践できないけれど、もう少し周りに冗談をいったりとか、親しみやすい自分を見せた方がいいなと思うきっかけになった。

  • ”絶望は幸福への伏線である”
    →恋をすることは、すばらしい。
    恋をしたい人・してる人はもちろん、
    自分を変える勇気がほしい人に読んでほしい本です。

    学んだこと
    ・好きな人と結ばれるって、奇跡
    ・勇気を出して一歩踏み込むことが大事
    ・会話は”大縄跳び”に似ていて、いったん入ってしまえば楽

    やってみること
    ・自然であること、声をかけること
    ・優しくて可愛くて賢い人になること
    ・関連書籍を10冊読むこと

    感想
    恋って素敵だなあ…と再確認した。

    印象に残った言葉
    ・”ヴォレ!”(飛ぶ)
    ・”シャース!”(運が良い)
    ・”ファム・ファタル”、”伴侶”
    ・”文学少女よ、角を持て!”
    ・”知識という角を持った、強い女になりなさい”
    ・”どうしていじめが続くのか、簡単だ。人は、安全地帯から他人を攻撃するのが楽しいからだ。つまり、いじめる側が攻撃を続ける理由はただ一つ。「自分が被害を受けない」という保証があるからだ!”

  • 前向きになれる〜〜!

    恋愛論はなるほどってなるし、主人公が自分の性格と向き合って変わって行くのを見て自分も変わりたいなと思ったし、何より主人公が本好きっていうのも、よかった。本を読んで学ぶことってやっぱりあるよな〜〜!

  • 恋をして自分自身と向き合うことで、少しずつ見える世界が変わっていくことを教えてくれる。単純な恋愛攻略本ではなくて、誰でも抱える人間関係の難しさや過去のトラウマ、精神的な弱さを改めて考えるきっかけになると思います。恋をしててもしていなくても楽しめる、明日からまた頑張ろうと思える一冊でした!

  • 絶望は幸福への伏線である

    心に響く、良い言葉だと感じた。
    絶望に陥るような出来事にあっても、その先に幸福があると信じ続ければ、その出来事を幸福に至るまでのきっかけに変えられるかもしれないということ。

    社会人となってから絶望する出来事も多かったが、それは間違いなく今の幸せにも繋がっている。

    主人公の成長に感動して、私も頑張ろうとやる気をもらえる思える本だった

  • 啓蒙書かと思って読み始めたけど、文章が普通に面白い。物語と「お勉強」のバランスが取れている。

  • めちゃくちゃ面白い!!水野敬也さんの本は初めてでしたが、ユーモアがありすぎて笑いまくりました!ストーリーも秀逸で面白く、女性目線の恋愛とはいえ、学ぶことは多かったです。
    恋愛してる方、恋愛したい方、失恋した方、多くの人におススメしたい本です!

  • 恋愛に関してもそうだけど、人として魅力的になること、自分を素敵に成長させることが書いてあってよかった。

    聡子のように素直に実践できる人になりたい。知識ばっかりの頭でっかち

    ドンファンとウェルテル、私はウェルテルになりたいたいのに、考えたり行動してドンファンよりになっている気がする。

    『決して昨日私は不幸せではなかった』
    それでも結晶を求めるんだよね、絶望と幸福の過程を受け入れて行くのが人生なのかな、結晶がなくても生きられるけど、結晶があると絶望を幸福に変えることができるのかな

    『ガールズトーク禁止』これはグサっときたなぁ笑自分がいかに相手に結晶作用を強めてるか妄想してるかがわかった笑これでいわば弱い立場になってるって事になるなぁ笑

    『愛する男を幸福にすることは自分を幸福に向かっての決定的な一歩』相手の幸福度が自分の幸福度度一致するって事なんだろうな、何につけても自分勝手じゃダメ相手を楽しませたいって気持ちが大事なんだろうな

    『相手のいいところを見つけたら声に出して伝える』

    『誰からも好かれる者は誰からも深く愛されない』

    『強い立場になった時こそ振る舞いを考える』

  • 主人公とスタンダールとの掛け合いが面白かったです。もどかしい場面とかもあったけど、聡子の成長を応援しながら読むことができました。

  • 勧められて読んだ本。とても良かったー!胸キュンが止まらない!!何度も読み返したくなる本。

全42件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

水野敬也
愛知県生まれ。慶応義塾大学経済学部卒。著書に『夢をかなえるゾウ』『人生はニャンとかなる!』『神様に一番近い動物』『たった一通の手紙が、人生を変える』『ウケる技術』『四つ話のクローバー』『雨の日も、晴れ男』『大金星』ほか、作画・鉄拳の作品に『それでも僕は夢を見る』『あなたの物語』『もしも悩みがなかったら』がある。恋愛体育教師・水野愛也としての著書に『LOVE理論』『スパルタ婚活塾』、またDVD作品『温厚な上司の怒らせ方』の企画・脚本や、映画『イン・ザ・ヒーロー』の脚本を手がけるなど活動は多岐にわたる。

「2017年 『仕事のストレスが笑いに変わる! サラリーマン大喜利』 で使われていた紹介文から引用しています。」

運命の恋をかなえるスタンダールのその他の作品

水野敬也の作品

運命の恋をかなえるスタンダールを本棚に登録しているひと

ツイートする