自分を休ませる練習 しなやかに生きるためのマインドフルネス

著者 :
  • 文響社
3.60
  • (7)
  • (9)
  • (17)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 212
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (178ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784866510361

作品紹介・あらすじ

東大病院救急医療の現場で15年、人間の生と死に向き合ってきた医師が、ストレスを抱え生きる人に今、伝えたいこと。

ぼーっとする。呼吸に耳をすませる。
自分に向きあい、なんでもない当たり前の時間を大切にすることで、
人生は輝き出す。

頑張りすぎるのはやめて、
自分の心とからだを大切にしてあげてください。
マインドフルな生き方は、今すぐ誰でも始められます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者は医師として救急医療の最前線に立ちながら、常々思ってきたという。

    直前まで元気でいた人が突然倒れる。
    人間とはいかに脆いのか、と。

    また緊急でない様々な治療の場面にしても、所詮対処療法でしかない。
    そこに限界も感じていたのだとも。

    からだや心に無理をさせてしまうのが当たり前になってしまう。


    「頑張るとここまでやれる、もっと頑張るとあそこまでやれるかも。でもたぶん、心やからだに負担がかかる。そこまで頑張っても、実はたいしたことじゃない。それに頑張りすぎると病気になる」

    「からだを壊してまでやるべきことなど、この世にはありません」


    やわらかな心を取り戻すには、まず自分を褒めること。
    喜怒哀楽に生き切る自分を「よくやっている」と褒めることなのだと。


    好きなことに没頭する。

    何もせずに、ぼーっとする時間をつくる。

    自分の心の奥の声に耳を傾ける。


    長く生きることに執着するのでなく、今をどう生きるか。
    「ほどほどにすこやか、ほどほどに忙しい」

    これならば、できるはず。

  • 自分たちは頑張り過ぎていて、本当に自分を労ることを忘れている、
    自分の身体の声を聞き、自分がほっとすることをする。身体と心のほぐしかたを教えてくれる

  • 言葉が優しくて、心がじんわりと温かくなってきて、自分がどんだけ張り詰めていたのかを気づかせてくれました。
    ゆるん、と、いこう。

  • のんびりと読める本。

  • コレ系の本は初めてではないため、あまり新しい発見は無かったです。
    ただ、自省/マインドフルネス系を初めて読むのであれば、色々と気づきは得られるかもしれません。

  • 題名に期待したが、私にとってはあまり実践出来そうにないことが書かれていた。第1章はありがたさがよく分かってよかった(蔵書)

  • 【Health】自分を休ませる練習/矢作直樹/ 20180406 / (19/688)<177/94189>
    ◆きっかけ
    ・タイトルに惹かれて

    ◆感想
    ・この混沌とした社会に暮らす身としては、意図的に自分を休ませることが必要だと痛感。サラリーマン的に全ては無理だが、日常のちょっと些細なことがヒントになるかも。

    ◆引用
    ・本来のマインドフルネスとは、何かの行為ではなく、今この瞬間に気づいている状態のこと
    ・否定ではなく、こうなったら、どうする?と肯定的に想像。
    ・信頼はしても期待はしない。何かをしてくれたらありがとう。しれくれなくてもそれが当然。約束を守ってくれたら感謝、守ってくれなかったら忘れよう。
    ・やわらかな心は褒めることから
    ・からだはこの世ので借り物。いつか返す日まで大切にする
    ・凝り固まったからだをゆらゆら揺らしてみる。自律神経が整えば、心も整う。
    ・機械的に食べずに、喉で食べる
    ・朝起きる時、夜寝るとき、自分で何か決め事を作る
    ・顔は心の窓。
    ・混沌とした社会に居る中、自分の意識を負の方向に持ってかれないようにする、心を鎮めるコツを覚えておく=>手っ取り早いのは好きなことを考えること。
    ・融通無碍に生きる。何かにとらわれることなく、あるがままで自由に。嫌だと思うなら引き受けない、感情を乱されるようなら付き合わない、誰かの勝手な思考や感情に振り回されない。
    ・ぼんやりする、ぼーとする、何もしない時間をただ味わう。

  • 融通無碍。何かにとらわれることなく、あるがまま自由な状態 いい言葉
    内容は、読む人を気持ちよくする優しく内容でした

  • からだをゆらゆら揺らす、ぼーっとする(何もしない)練習、ふらっと近場で旅にでる

    上記を試してみたい…!

  • からだの悲鳴を素直に聞こう。
    医者のせいか根性論でも気休めでもない。

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1956年、横浜生まれ。1981年、金沢大学医学部を卒業後、麻酔科、救急・集中治療、内科の臨床医として勤務しながら、医療機器の開発に携わる。1999年、東京大学工学部精密機械工学科の教授に。2001年に同大医学部救急医学分野教授、同大病院救急部・集中治療部部長。2016年3月、任期満了退官。東京大学名誉教授。著書に『人は死なない』(バジリコ)、『おかげさまで生きる』(幻冬舎)、『天皇の国』(青林堂)など

「2017年 『天皇の祈りが世界を動かす~「平成玉音放送」の真実~』 で使われていた紹介文から引用しています。」

自分を休ませる練習 しなやかに生きるためのマインドフルネスのその他の作品

矢作直樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
メンタリストDa...
スティーヴン・ガ...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

自分を休ませる練習 しなやかに生きるためのマインドフルネスを本棚に登録しているひと

ツイートする