突き抜ける人は感情で動く 結果を出すためのメンタルと行動力のつくり方

著者 :
  • 文響社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784866510453

作品紹介・あらすじ

U-19アメフト日本代表→電通マン→外資系トップ営業マン→ハリウッド俳優→起業家と異色のキャリアを歩む「怪物」芦名佑介初の著書。電通のコピーライター職を捨てて飛び込んだプルデンシャル生命では月収2400万円を稼ぎ出すトップ営業マンに。その地位すらやすやすと投げうち、海を渡ったハリウッドでは巨匠アッカーマン監督の舞台に出演。あらゆるフィールドで結果を出し続ける男のモットーは「自分の感情に素直になる」ことだった。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「強い欲求や目的があればやり続けることはなんでもない」
    「感情の破壊力はつよい」
    自分自身がなぜ、あのとき頑張れていたのか。高校時代がむしゃらに部活を乗り越えたとき、必死に勉強していたときなぜ頑張れていたのか。それは明らかに努力を継続しているという意識よりも、なりたい自分・やりたいことがあったから。
    論理で動くと比較や選択肢が生まれ続けてしまう。
    しょうがないと考えることは分析を放棄した思考の停止。

    感情と向き合い、他者からの目をきにすることなく突き進んできた芦名さんの考え、自分をさらけ出す勇気、行動力、熱量。

    オスとしての貪欲さ、それが後天的に結果を生むこと。
    かっこいい。その言葉にありつく本でした。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1989年、神奈川県川崎市生まれ。アメリカンフットボール選手として慶應高校、慶應大学、U-19日本代表U-19でそれぞれ主将を務める。大学卒業後は電通に入社し、クリエーティブ局コピーライターとして活躍。プルデンシャル生命へ転職後史上最年少で営業所長に就任した。2015年に退職して米国ハリウッドに渡ると、舞台『BLOOD』で俳優デビュー。帰国後に芦名表参道株式会社を設立し、さまざまな活動をスタートさせている。

「2017年 『突き抜ける人は感情で動く』 で使われていた紹介文から引用しています。」

突き抜ける人は感情で動く 結果を出すためのメンタルと行動力のつくり方のその他の作品

芦名佑介の作品

ツイートする