1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

  • 文響社
3.25
  • (16)
  • (35)
  • (45)
  • (16)
  • (10)
本棚登録 : 3237
レビュー : 74
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784866510552

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 歴史、宗教、科学などのトピックが各1ページにまとめらえれ365ページつまり、1日1ページ分用意されている。1ページなので簡潔にまとめられていえわかりやすいが、自分が知っている項目だと内容が薄すぎて読む価値がない。教養というか雑学に興味がない人向けなのかもしれない。けど、そもそもそういう人は読むだろうか。本屋さんで背表紙をながめながら、面白い本ないかなと探す感覚に似ているかもしれない。

  • 月曜日から日曜日まで各曜日別に宗教、音楽など7分野の異なったジャンルの知識が365日分。
    字がちっちゃいな〜

  • 2018.6.25購入、読書開始。

    本書に書いてある通り、1年かけてこの本を読もうと思う。
    本の内容は曜日ごとに分野を定めて1ページ分の知識を紹介しているものである。
    ここから自分の今まで興味になかった分野や興味のあった分野などでも再発見ができたらと思う。

  • 売り上げランキングの上位にあることから、本屋でパラパラと最初から最後まで項目を確認した。幅広い題材を紹介しているが、それらは体系的に纏まっているわけでなく、ただ、教養知識を羅列しているだけだ。

    この本の情報は目的意識を求められることもなく、早い段階で脳から消え去ると私は思っている。人に根付く情報とは、自分で目的をもって読む本だ。せめて体系的にも纏まっていれば、再度復習がてら読もうと思うが、そうでないため、読む価値はないと私は考える。

  • 読んでかしこくなった気になれる本はとても好き。ダリかっこいい。

  • 面白そうな内容もあれば、そうでない内容が多々。

  • 万人が知っておくべき教養が広く浅く詰まった本。
    前から読むも良し、テーマごとに読むも良し。
    ただし、アメリカからみた「教養」であるため、日本人にとっては雑学になってしまうかも。

  • ほぼほぼ欧州史。
    私にとっては非常に興味の薄いジャンルに付き得るものなし。
    読み始めてしまったので途中で挫折するのは癪につきどうにか1年かけて完読。

  • 1ページ1ページは面白いけど毎日の習慣にするって難しい。眠くなるし。

  • ふむ

全74件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

デイヴィッド・S・キダー(David S. Kidder)
起業家として、いくつかの会社を創設。直近では、起業家精神を活用して大企業の再生・活性化を支援するバイオニック社を共同で設立し、現在は同社のCEOを務める。彼と、彼が設立した数々の企業は、これまでに『ニューヨーク・タイムズ』『ウォール・ストリート・ジャーナル』『USAトゥデイ』など、多くの新聞・雑誌で記事に取り上げられている。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365のその他の作品

デイヴィッド・S・キダーの作品

ツイートする