1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

  • 文響社
3.26
  • (16)
  • (35)
  • (45)
  • (15)
  • (10)
本棚登録 : 3215
レビュー : 73
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784866510552

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 面白い。知りたがりやに最適に広く浅く提供してくれる。そこからどれを掘り下げようかとワクワクする。

  • 1日1ページ、多すぎなく少なすぎない情報量。
    名前は知ってたけど、それ何?ということがたくさんあって勉強になる。
    西洋の教養なので日本版(東洋版)みたいのもあればいいのに

  • 知らないことが本当に沢山ある。
    この本は読み終わったけど、人生日々勉強。

  • 1週間を「歴史」「文学」「芸術」「科学」「音楽」「哲学」「宗教」の7分野に分け、1日5分で1ページ読めば世界の教養が手に入るという触れ込みで話題のベストセラー。
    確かにこのようなコンセプトはなかなか面白いものだとは思いますが、世界的に通用する教養とはいえ、個人的に予備知識の有無によって理解力が異なり、1ページといっても一度読んだだけで身につけることができるほど単純なものではありません。
    本当に1年かけて読み終えましたが、とてもこれだけで十分とはいえないため、2週目に挑戦しようと思います。

  • ちびちび酒を飲むように、少しずつ、少しずつ読む。

  • テーマが364個、な点は気になりました。
    構成上、7日/週×52週=364日、とするのが都合がよいことは理解できますが。

    また、他の分野はよくわかりませんが、科学分野は、残念な記述が目立った気がします。
    ということは、他の分野も…、とは思ったものの、そこは、判断できるだけの知見がないので、想像に過ぎませんが。

    というわけで、全部をうのみのにするような読み方は、しない方がよいかと。
    また、これだけで教養が身に付くわけではないので、興味のある分野を見つけ、それらを深掘りする、とか、よく知らなかった分野について、改めて確認してみる、といった行動がともなってはじめて、教養が身に付く、と思ってもらった方がよいです。
    残念な記述の可能性も考えると…。

  • 比較的知っていることも多いが、知識の確認になる。また、各ページの下にある豆知識が面白い。

  • 翻訳ものだった!気づかなかった(泣)
    そのため必然的にヨーロッパやアメリカの情報が多い。
    弱いのよねぇ、世界史。カタカナの名前覚えられなくて・・・。でもね、せっかくだから太字の部分だけ読んだわよ。で、気になったり興味がわいた記事は全部読んだりしてたら、けっこう読めた。有名な本の内容などは、ものすごーく短く書いてくれてるので助かる。知らなかったことを知るのって楽しい!

  • ・歴史、文学、芸術等の教養を1日1つずつ学べる本。
    ・知識は付くが、参照図等が多いとよりわかり易い。

  • 365日分を14日でなんとか読了。米国の教養とは、やはりキリスト教が基本になっているようです。日本関連では葛飾北斎、神道、禅宗、ペリー提督と日本、ミッドウェー海戦が紹介されていました。

著者プロフィール

デイヴィッド・S・キダー(David S. Kidder)
起業家として、いくつかの会社を創設。直近では、起業家精神を活用して大企業の再生・活性化を支援するバイオニック社を共同で設立し、現在は同社のCEOを務める。彼と、彼が設立した数々の企業は、これまでに『ニューヨーク・タイムズ』『ウォール・ストリート・ジャーナル』『USAトゥデイ』など、多くの新聞・雑誌で記事に取り上げられている。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365のその他の作品

デイヴィッド・S・キダーの作品

ツイートする