1億円貯める方法をお金持ち1371人に聞きました

制作 : 橘玲 
  • 文響社
3.38
  • (2)
  • (14)
  • (13)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 374
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (436ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784866511122

作品紹介・あらすじ

純資産100万ドル(およそ1億1000万円)以上のアメリカの富裕層を対象に、大規模調査を実施。初めて分かった彼らの「意外過ぎる成功の秘訣」とは?

◎お金持ちは成績が普通
◎お金持ちはクーポン券使う
◎お金持ちは中古物件に住む
◎お金持ちはコストコで買い物をする
◎お金持ちは「会社勤めをリスクが高い」と考える
◎お金持ちは相続を受けておらず、1世代で成り上がっている

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 米国のミリオネア調査。堅実な小金持ち。ニッチ市場の商売人的な人多し。学校での成績優秀者は一流企業に入り上を目指すが、そこは非常に競争の激しい世界。成績がそれほどでもないなら、同じ土俵で勝負することは無理と自分で判っている。
    成績が悪い事こそチャンスあり。
    何かしら罵られた経験あり。(そんな成績で大学に行っても無駄、とか、君が成功する可能性なんか無いよ、とか)勇希とは、恐怖を覚えずにはいられない事態に対し、前向きな行動をとることである。
    真のリスクは他人に人生をコントロールされること。
    成功の要素を挙げてもらうと、1は誰に対しても正直である。2良き配偶者。3他人と上手くやっていける。4自分の職業、事業を愛している。(これなら商売も上手く行くものだ)5肉体的な健康。6賢い投資。
    全てなるほどなと思う。これをすべて実践できる人もかなり少ないとは思うが。ただ、「金持ちの仲間入りをしたかったら、彼らと一緒に積極的に慈善活動をすること」はアメリカならではと思う。日本では金持ちが慈善活動(金を寄付することではない)を実践することは非常に少ない。慈善活動の場に参加しても、知り合えるのは貧しい若者や、年金生活の老人ばかりだろう。
    必要なのは、自分に合う(これ大事)商売を見つけ、勤勉(過剰ではない)に働き、無駄な贅沢(中古住宅、家具から靴まで自分で修理、趣味は博物館、時間の無駄には敏感)はしないで、投資をし、ギャンブルはせず、無謀なことはせず、適切なリスクとリターンの管理をする。
    これを数十年やっていけば、だれでもミリオネア位には到達する。実際のミリオネアの多くはこのような人たちで、何も特別な人間ではないのだという話。
    理解はするが、なかなかこれらを実践できる人は少ない。
    お金と幸福度。日本に当てはめると年収1500万&金融資産1億円を超えてくると、幸福度の上昇は鈍いらしい。逆に言えばそこまでになれれば良い訳だ。
    この本の記述は重要だ、高校卒業したくらいの時期に読むと良いと思う。

  • 大金持ちは質素な生活。家も建てなきゃ、生活コストを下げる堅実なライフスタイル。家族や仲の良い人のため、そして勉強のために時間を使う。ま、私もわりとそうだけど、大金持ちには程遠い…

  •  億万長者は質素で、価値あるものを見極めて投資したり、購入したりしている。短期ではなく長期目線で、量より質、価格より価値、お金より時間、快楽より幸福、自分より誰か、過去より現在、知識より知恵、物質的な豊かさより心の豊かさ大切にしている。お金持ちだから心が豊かなのではなくて、心が豊かでありたいと努力した人がお金持ちになっている。

  • アメリカのお金持ちの共通点を書いた本。

    お金持ちと言えば一般的なイメージである【贅沢】。だけど実際はかけ離れた生活をしているよという内容です。

    読む前に何となくの予想はついたけど、この内容が本当であれば資産を築いたとしても「上手なお金の使い方」がお金持ちになった後の姿勢としては大事だし、

    資産を築く前からその基準をきちんと自分の中で築いておく必要があるのかなと感じた。

    とは言え、その前にお金持ちには簡単になれないのだけれども(笑)

  • 別記

  • お金持ちは、なぜ“お金持ち”なのか? 富裕層マーケティングの第一人者が、純資産100万ドル以上の米国富裕層の「成功の秘訣」を、大規模調査から明らかにする。


    序文 億万長者になるのは簡単だった
    1 本当の金持ちってどんな人?
    2 億万長者への30の質問
    3 天才・秀才は金持ちになれない
    4 チャンスとリスク、勇気と恐怖
    5 金持ちになれる仕事、なれない仕事
    6 金持ちになるための配偶者の選び方
    7 買い物上手こそ金持ちへの道
    8 金持ちの家をのぞいてみよう
    9 億万長者のライフスタイル──現実と幻想
    10 ミリオネア・マインドを身につけよう

  • ストーリー
    純資産100万ドル(およそ1億1000万円)以上のアメリカの富裕層を対象に、大規模調査を実施。初めて分かった彼らの「意外過ぎる成功の秘訣」とは?

  • まあわりとありがちな話な気もするけど、エビデンスがあるので納得具合は大きい。
    金持ちも質素に暮らすんや。

  • 誠実…誰に対しても正直
    自己鍛錬…自分を律する精神力
    社会性…人とうまくやっていく
    支えとなる配偶者…知的で正直で思いやりがあって柔軟な適応性を持っている
    勤勉…たいていの人よりよく働き、自分の仕事を愛す

    将来の仕事を決めれば、勉強はつらくない
    買い物上手(製品の寿命を延ばす/毎月の負担を減らす/賢く買う/ディスカウントストアの活用)
    家を買うなら…計画/準備/探索/交渉をそれぞれ行う

    ライフスタイル(過去1ヶ月)…子や孫との交流/親しい友人を家に招待/資産運用の計画/投資研究
    ライフスタイル(過去1年)…税務の専門家にアドバイスを受ける/美術館に行く/地域活動を行う/庭の手入れ

    運/IQはさほど大事ではない
    精神力/リーダーシップ/リスク管理/助言者/前向き思考により勝率を上げる

  • 億万長者が家を購入する過程で実行したこと:
    どんな交渉でも途中で席を立つことを気にしない82%

    ↑トランプのハノイ会談決裂を思い出した

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

アメリカにおける富裕層マーケティングの第一人者。ジョージア州立大学の教授職を経て、ニューヨーク州立大学オルバニー校マーケティング学部の教授となり、1973年にアメリカ全土の億万長者を対象とした初の大規模調査を実施。富裕層向けビジネスを行なう企業や金融機関へのアドバイザーとして活躍。

「2019年 『1億円貯める方法をお金持ち1371人に聞きました』 で使われていた紹介文から引用しています。」

トマス・J・スタンリーの作品

1億円貯める方法をお金持ち1371人に聞きましたを本棚に登録しているひと

ツイートする