夢をかなえるゾウ4 ガネーシャと死神

著者 :
  • 文響社
4.38
  • (474)
  • (332)
  • (91)
  • (18)
  • (1)
本棚登録 : 4751
感想 : 341
  • Amazon.co.jp ・本 (412ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784866512402

作品紹介・あらすじ

家族を愛する会社員。彼は夢は「このままの日常がずっと続くこと」。しかし彼は余命3か月を宣告されてしまう。残り3か月で家族のために一体何ができるのか。さらに事態は思わぬ方向に展開し、衝撃のラストへ――。夢をかなえるゾウシリーズ史上、最高に笑って泣ける、自己啓発エンタメ小説、第4弾!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 家族を愛する会社員。
    彼は夢は「このままの日常がずっと続くこと」。
    しかし彼は余命3か月を宣告されてしまう。
    残り3か月で家族のために一体何ができるのか。
    さらに事態は思わぬ方向に展開し、衝撃のラストへ――


    初めて夢をかなえるゾウを読みました。
    読み始め…なんなの〜このおちゃらけて子供の様に褒めてもらいたがったり、自分の欲求に素直過ぎる神様のなかの神様は……。
    呆れたりおちゃらけ過ぎてると思った。
    でも読み進むにつれてこの世界に引きずり込まれていました。
    良い事言うんだよね
    流石神様です。
    たくさんの気づきを教えて頂きました。
    最後はやはり泣いちゃった
    この課題をわすれずに胸に刻んで生きて行きたいな
    でも難しい

    ・健康に良いことを始める
    ・死後に必要な手続きを調べる
    ・お金の問題がなかったらどんな仕事をしたいか
     夢想する
    ・大きな夢に向かう小さな一歩を今日踏み出す
    ・人に会ってわだかまりをとく
    ・死ぬまでにやりたいことリストをつくる
    ・経験したことのないサービスを受ける
    ・節約を楽しむ
    ・思い切って仕事を休む
    ・自分の体に感謝する
    ・身近な人に感謝の言葉を伝える
    ・周囲の期待と違う行動を取る
    ・限界を感じたときにもうひと踏ん張りする
    ・両親の生い立ちを知る
    ・かなえてきた夢を思い出す
    ・他人の欠点を受け入れる姿勢を持つ
      見る場所を変える
      相手の背景を想像する
      他人に完璧さを求める自分に気づく
    ・つながりを意識する時間を持つ
    ・喜怒哀楽を表に出す

  • 水野敬也さんの話を聞いて、読みたくなった。

    突然、自分の残りの人生があと3ヶ月と言われたら、どうする?
    残された家族は?
    後悔しない人生を送るためにはどう生きるべきなのか?
    重たいテーマではあるけれど、いつものガネーシャ節が笑えて、ガネーシャのわがままぶりも何だか人間らしく(神様なのに。)、たくさん笑ってたくさん泣いた。
    ガネーシャの課題を一つ一つクリアしていくことは、死を目前にしていなくても、生きやすくすることに繋がると思う。

    ガネーシャの課題は当たり前のようだけど、つい軽視しがちなこと。
    私もガネーシャの教えを忘れないように手帳にメモしておこう。
    死神の教え「人間が死に際に後悔する十のこと」も、心にグサっとささる。

  • 1~3までオーディオブックで聴いてきて、今般初めて活字でこのシリーズを読みました。
    これまでのシリーズとは毛色が違い、「夢をかなえる」形も、痛みを伴いながらもある意味壮大になっている印象です。
    ガネーシャが面白いので何とか読めましたが、内容としては非常に苦しく、とても辛かったです。
    私自身が非常に苦しかった頃に読んだ、柳澤桂子さんの「生きて死ぬ智慧」の内容にも通じるところがありました。
    理屈として頭ではわかっても実際に腹に落とし込めるかといえばそうではないこと(一元的に世界を見た時に、世界はひとつであり、世界は、様々な分身を生み出しながら形を変え続け、そこには「あなた」も「わたし」も「死」さえも存在しないということ)も、だけど、だ。
    と私のような凡人に寄り添ってくれている。
    夢見る頃を過ぎ、当然大きな夢は見なくなっていたわたしは、これまでの3シリーズはなんとなく既に知っていることばかりで(リリースされてからかなり経ってから読んだというのもある)面白いけれどそこまで心に響かなかったのですが、本書は違いました。

  • 手紙を読むシーン。
    涙ぐんだ。

    心震えました。

    今回のテーマは、
    死について。


    生きるってことに
    自分のなかで大切にしている価値観は、
    『今日あなたが無駄に過ごした一日は、
     昨日死んだ人がどうしても生きたかった一日である』

    どちらも同じ1日。

    自分のためにどう生きるか。
    人の目的
    幸せになること。

    そのために

    夢をどうかなえるか。
    はたまた
    夢をどう手放すか

    すべては、
    自分らしく生きるため。

    完璧を求めすぎない。
    相手に完璧を要求しない。

    無い物ねだりになって、
    自分を不幸に追いやっていないか。


    特に10代や20代前半には
    強くオススメしたいです。
     
    読みやすく、
    いい気付きが得られる良書である

  • シリーズ本の1読後→評価が高い4へ読み進めてみた。末巻にまとめて「ガネーシャ」と「死神」の教えがあり美味しい作りになっている。

    夢、幸せ、成功に向けて、結局どうしたい?自問自答する暇があるなら、死に向かって…いや、成功に向けて動くべきと確信した。死に対するマイナスなイメージも薄らぎ、終活のためにも読み返したい。

  • ガネーシャシリーズで一番刺さりました。
    正直、特に今の生活以上何を望むわけでもない恵まれた環境(注:金持ちではない)だと思っていたので、シリーズ2と3はそこまで響かなかったのですが、「死」というものをガネーシャ様に突きつけられて、この環境も不変ではないのだと改めて考えさせられました。

    ガネーシャ様の教えももっともですが、サブキャラの死神さんの教えの、人が死に際に後悔する10の事。今死んだら結構当てはまるなぁーとしみじみ。

    親元離れて初めて母の日、父の日に贈り物をしてみたところ引くぐらい喜ばれました。
    半アル中みたいな習慣も改めて体を気遣わないとですねぇー…。

    ちゃんとストーリーにもなってて、ガネーシャ様の小粋なボケも健在で、相変わらず面白く読める自己啓発本です。

  • 夢を叶えた人は完璧な人生を歩んできた。そんなふうに捉えがちだけど、夢の叶え方と夢の諦め方、両方を理解した上で選択できる事が真の完璧。

    「『諦める』と『受け入れる』は同じ意味の言葉」
    夢をあきらめることは決して悪いことではない。むしろ諦めることで自分を受け入れることができた、と褒めていい。このことを忘れずに生きていきたい。

  • 相変わらずのというか、すっかりキャラクターが確立しているガネーシャが今回アドバイスをするのは余命宣告を受けた主人公。
    死に向き合い、人生に向き合い、葛藤を抱えながらも、できうる限りの人生を歩むための課題が与えられ、クリアされていく。
    夢を持ち、期待を抱くことの功罪にも触れられ、苦悩と喜びを抱えた人生そのものの素晴らしさを踏まえた上で、限界も受け入れ、それでも自己満足を見つめながら生きることを想った。
    20-48

  • 余命三ヶ月と宣告された男が、遺された時間をどう過ごすか、夢を叶える、手放すことや生きることはなんなのか…お馴染みガネーシャと死神と、課題をクリアしながら考える。すごくすごくいろいろ調べてこの小説はできていて、それを楽しくホロっとさせてくれる。

  • シリーズが話題になっていた本の最新作の「4」。

    「この本4つ目やからテーマが死(し)なんやで」ってことは無いと思いますが、4作目は、人間誰もが至る「死」に向き合う内容です。

    1~3作目まで読んでなかった私が、妻から薦められて初めて読みましたが、テンポ良く読みやすくて一気読みできました。

    本という形にまとまったエンターテインメントとしてとても良く作りこまれているので、本当に読みやすいのですが、冷静に思い返してみると、内容はいたってシリアスで、深く、重いもので、大事な話です。

    死というものが、誰にとっても避けることはできず、いつか確実に訪れるものだからこそ、それをどうとらえて今を生きるかが大事なんだなぁと思ったりしました。

    読んでよかったです。

全341件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

作家。愛知県生まれ。著書に「夢をかなえるゾウ」シリーズほか、「雨の日も、晴れ男」「顔ニモマケズ」「運命の恋をかなえるスタンダール」「四つ話のクローバー」、共著に「人生はニャンとかなる!」「最近、地球が暑くてクマってます。」「サラリーマン大喜利」「ウケる技術」など。また、画・鉄拳の絵本に「それでも僕は夢を見る」「あなたの物語」「もしも悩みがなかったら」、恋愛体育教師・水野愛也として「LOVE理論」「スパルタ婚活塾」、映像作品ではDVD「温厚な上司の怒らせ方」の企画・脚本、映画「イン・ザ・ヒーロー」の脚本を手掛けるなど活動は多岐にわたる。

「2022年 『夢をかなえるゾウ0(ゼロ)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

水野敬也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
凪良 ゆう
スペンサー ジョ...
辻村 深月
ひろゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×