なぜ、あの人の仕事はいつも早く終わるのか?―最高のパフォーマンスを発揮する「超・集中状態」

著者 :
  • きずな出版
3.18
  • (0)
  • (4)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784866630182

作品紹介・あらすじ

スーパーマルチタスクの著者を支える「集中力」の決定版!週休5日になる32のコツ!!「超・集中状態」を実現する究極メソッド!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 迷いが生まれると集中力が途切れる。
    迷い:他社の目や物事の判断

  • 確かに最高のパフォーマンスが出せて
    早く仕事が終わるのかもしれない。
    が、ここまでストイックに頑張れる性格では
    ないので途中であきらめた。

  • 【No.84】「かけ離れた価値を双方とも高められる人は成功を手にし、特別な人生を生きられる」「”絶対に一流になる”という強い思いを持ち、そこに至るまでの道筋を描き、少しでも邪魔をすると思うことは排除する。そういう仕組みをつくれるかどうか」「自分が欲しい結果を取りに行くとき”恥ずかしい””遠慮する”といった感情はまったくありません。理由はきわめてシンプルです。どんなことをしても、その結果が欲しいからです」「人と話したり、相手をしたりするのは、思った以上にエネルギーを使う」「いまの若い子、悪気はないんだけど、そういうところまで気が回らないのね」「現実とのギャップは大きくていいのです。未熟であることは何も恥ずかしいことではありません。あなたが未完成であるのは、将来の可能性がそれだけあるということです。未熟であること自体に、これから大きく成長できるという価値が眠っているのです」「結果にこだわることとは、いわば”ブレない”ことです。ブレない姿勢は、”失敗するのではないか””結果が出ないのではないか”というネガティブな感情を寄せつけません。また、周りからの邪魔をはねつける、協力なバリアにもなります」「自分にとって成果を出すために不要だと思うつき合いはせず、必要なルーティンを崩さないことを一番に考えたライフスタイルを貫いているだけ」「成功したいと考えている人は、やはり良質な情報発信を心掛けるべきです。良質な情報は自分の知性と教養に基づきます。自分が学び、自分できちんと咀嚼した情報です。そういう情報であれば、自分の魅力を発信するとともに、人と人との好ましいつながりをもたらします」

  • 結果だけにフォーカスする。途中でブレそうになったら、目指す結果を思い出して軌道修正する。

  • 著者のブレない考え方が明確に伝わり、身が引き締まった!

全5件中 1 - 5件を表示

なぜ、あの人の仕事はいつも早く終わるのか?―最高のパフォーマンスを発揮する「超・集中状態」のその他の作品

井上裕之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
スペンサー ジョ...
メンタリストDa...
佐々木 圭一
松下 幸之助
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする