サイボーグ時代 ~リアルとネットが融合する世界でやりたいことを実現する人生の戦略~

著者 :
  • きずな出版
4.60
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784866630625

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 7、Twitterでも流れてくる吉藤さんの技術の着眼点や、その広げ方、一般化に興味があって読みました。サブタイトルが示すとおり、主に精神面、どうして作者がOriHimeなどを開発するに至ったか、今までとこれからに対するものの考え方が書かれていて、もう少しテクノロジーに寄せて欲しかったなとも思う。
    ただ、繋がりたい人が繋がり、使いたい人が使える、障害をなくすといったスタンスはすごく好き。

  • 「できないこと」を明確にしてアウトソーシングすることや「体が資本」から「心が資本」の時代へ、好きなことはお金を払ってでもやる時代へなど、気づきが多い本だった。

  • 私はこの本のことを一生忘れない、私はこの人の生き方から一生目を離さない。今週の講演でお姿が見えることを楽しみにしております。

  • 自分の能力、意識を時代に合わせ、つねにアップデートさせる。他者の知識や経験を取り入れて自分の能力の一部にし、できること増やす。

    価値観が多様化した社会においては、年長者が年下の人間に教えを請うのがスタンダードな時代になる。都市板の人間は自分より未来人なのだから彼らから学んだ方が有利。最新モデルの思考や行動を持っている若者と接する機会を増やせば、自分をアップデートさせることができる。

    若者が少なくて高齢者が多い社会は、若者がスポンサーを集めやすい社会であり、チャンスが多いといえる。

    文句や苦情が出るのはそのアイデアや行動が人々のこれまでの常識の範囲外であることの証明。他人にバカにされないことが不安になるようになってきた。

全4件中 1 - 4件を表示

サイボーグ時代 ~リアルとネットが融合する世界でやりたいことを実現する人生の戦略~のその他の作品

吉藤オリィの作品

ツイートする