サイボーグ時代 ~リアルとネットが融合する世界でやりたいことを実現する人生の戦略~

著者 :
  • きずな出版
4.00
  • (7)
  • (6)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 117
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784866630625

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 筆者のオリィさんは、大学在学中に遠隔操作ロボット「OriHime」を開発し、オリィ研究所を設立されます。

    人とテクノロジーがなめらかに融合する「サイボーグ化」を推し進めて、既存の常識を塗り替える、ロボット界の天才と称されています。

    本書では、今後の技術革新をふまえてサイボーグ時代をどのように生きればよいか、オリィさんの研究や体験を交えながら紹介されています。


    【ルールは更新する、という発想】
    「OriHime」は分身ロボットとして、身体の不自由な方の社会参画を可能にしたことで、大きな注目を浴びています。

    オリィさん自身も幼少期に不登校を経験されていることから、
     ・『本当はやりたいことがあるのにできない状態』
     ・『本当はやりたくないのにやらされている状態』
    が、大きなストレスの原因になるといいます。

    こうした身体的な問題や社会的ルールによって制限される現状を打破するために、新しいツールを次々に開発されたそうです。

    大切なのは、ただ与えられたルールやマナーに従ったり、それが気に入らないからと無視したりするのではなく、そのルールができた背景を考え、アップグレードさせる方法がなにかないか考えてみることだ。

    新しい世界を創造するには、受け身ではなく、主体的な発想が必要なのですね。


    【自分の顔や名前を覚えてもらう】
    オリィさんは、もともと対人関係に苦手意識があったと語っています。

    コミュニケーションの経験不足を克服するのに役立ったのが、トレードマークともいえる「黒い白衣」だそうです。

    機能性に富み、見た者に強烈な印象を残す黒い白衣は、一瞬でオリィさんだと認識させるツールになっています。

    私が講演会でオリィさんのお話を伺ったときも、黒い白衣を着ていました。

    オリィさんは、自己紹介について、「相手のことを忘れるのは失礼」というよりも、「相手に自分のことを忘れさせてしまうのは失礼」という考えを表明しています。

    他人のせいにせず、自分ができる最大限のことをやろうという姿勢に、私も大きな刺激を受けます。

    "覚えられやすいことは、人生のチャンスの拡張につながる。"


    【「心が資本」の時代へ】
    今後、テクノロジーの進化によって身体的な差は克服され、肉体や能力の差は実質的になくなると予測されているそうです。

    だからこそ、情熱であったり、自分が夢中になれる、わくわくすることを見つけるのが重要だといいます。


    私は本書を読んで、オリィさんの情熱と行動力、そして絶対に現実を変えていくんだという強い気持ちに心を動かされました。

    重い障害を抱えた人の気持ちを理解し、自らの技術開発によって彼らと一緒に仕事を創出する。

    そうした人にとって、今までできなかったことができるようになり、孤独の解消と「ありがとう」の総量を増やすサイボーグ化は、人の気持ちに強く結びついているのだと学ばせていただきました。


    私は最新技術に詳しいわけではないのですが、自分の事業を通じて成果をあげ、仲間と一緒に豊かになることをいつも考えています。

    どんな仲間にも可能性があり、多くの仲間が事業に取り組む中で激変していく姿を何度も見てきました。

    誰もが自らの可能性を信じてチャレンジしたくなるように、私も自分自身をアップデートする姿勢と成果で示していきます。

  • キャッチーなタイトルや帯の写真に、騙されてはいけない。
    コレはコレからの生き方が書かれた本です!

  • オリィさんの講演会を聞いて購入。
    かっこいいことが好き×様々な人が働ける社会
    ALSの方が働くことのできる仕組みを作られていてすごかった。生きる希望につながるこの活動をこれからも応援したい。

  • 「アナログの逆襲」とはある意味対極の世界にある本。テクノロジーの発達により、障害があり何もできなかったことができるようになる。読んでいて非常に刺激を受けた。
    また、自分はこの本から自己啓発的なところもあるように感じたが、一方でそれが押し付けがましくなっていない点に共感を覚えた。
    最後のところで出てきた死への感覚、ちょっと最近薄くなっていたかもしれない。あらためて自分の中で考えていきたい。

  • 何かを考える、作る、現実化(具現化)する。取っ掛かりは友人のためだったのかもしれないが、世の中で役に立つものを提供できているのは素晴らしいことだと感心した。
    今後もがんばってほしい。

  • 19年23冊目。7.5/10点

    面白かった!最初はテクノロジーってより自己啓発のような印象がしてイマイチな感じで読み進めたが後半は普通に面白い。
    著者のメッセージは明快で「コミュニケーションの充実にテクノロジーを」というスタンスで、これは合理的で賛同できる。
    ホリエモンがしばしば言っている「堀江ボット」のようなものをオリィ氏は既に行っている。多少コンセプトは違うかもしれないが…。
    このテクノロジーの何が凄いかと言えば、健常者ならば色々な物事を効率的に進められるかもしれないし、障害者は希望を拡げる事ができるという事。今までの介護などとは違う次元で。
    共感できる部分として、著者のコミュ障は割とガチな領域のようで、「ちょっと苦手」という次元ではなかった模様。だからこそ、そこから考え抜かれたコミュニケーションのアドバイスは他のコミュニケーション本より考え抜かれている。

    お勧めの良書。

  • 7、Twitterでも流れてくる吉藤さんの技術の着眼点や、その広げ方、一般化に興味があって読みました。サブタイトルが示すとおり、主に精神面、どうして作者がOriHimeなどを開発するに至ったか、今までとこれからに対するものの考え方が書かれていて、もう少しテクノロジーに寄せて欲しかったなとも思う。
    ただ、繋がりたい人が繋がり、使いたい人が使える、障害をなくすといったスタンスはすごく好き。

  • 「できないこと」を明確にしてアウトソーシングすることや「体が資本」から「心が資本」の時代へ、好きなことはお金を払ってでもやる時代へなど、気づきが多い本だった。

  • 私はこの本のことを一生忘れない、私はこの人の生き方から一生目を離さない。今週の講演でお姿が見えることを楽しみにしております。

  • 自分の能力、意識を時代に合わせ、つねにアップデートさせる。他者の知識や経験を取り入れて自分の能力の一部にし、できること増やす。

    価値観が多様化した社会においては、年長者が年下の人間に教えを請うのがスタンダードな時代になる。都市板の人間は自分より未来人なのだから彼らから学んだ方が有利。最新モデルの思考や行動を持っている若者と接する機会を増やせば、自分をアップデートさせることができる。

    若者が少なくて高齢者が多い社会は、若者がスポンサーを集めやすい社会であり、チャンスが多いといえる。

    文句や苦情が出るのはそのアイデアや行動が人々のこれまでの常識の範囲外であることの証明。他人にバカにされないことが不安になるようになってきた。

全10件中 1 - 10件を表示

サイボーグ時代 ~リアルとネットが融合する世界でやりたいことを実現する人生の戦略~のその他の作品

吉藤オリィの作品

サイボーグ時代 ~リアルとネットが融合する世界でやりたいことを実現する人生の戦略~を本棚に登録しているひと

ツイートする